SnapFresh 安価なエントリーモデル・電動ドライバー BBT-POL36 がそこを通りますよ。

DIY
この記事は約4分で読めます。

ニトロです。

久しぶりに SnapFresh の電動工具レビュー、以前は本格的なDIY工具『インパクトドライバー』『ブロワー』『レシプロソー』についてレビュー記事を書かせていただきました。

今回は家の中の家具や配電設備メンテ、自作PCの組み立てなどに役立つコンパクトな電動ドライバー「SnapFresh BBT-POL36」です。

なお、本記事は『 SnapFresh 』さまから商品サンプルをご提供いただき、忖度なしに僕が実際に使用した率直な感想をお届けいたします。

YouTubeレビューはこちら

YouTubeにレビュー動画をアップしておりますので、映像で見たい方はこちらをご視聴ください。

パッケージと収納ケースを確認

パッケージは 幅245mm × 高さ67mm × 奥行き125mm とコンパクトなサイズで、いつもの SnapFresh カラー・ライムグリーンのパッケージです。

なぜか銘板シールが逆さまに貼り付けてありましたw(なんでやねん!)

箱を開けるとまずはユーザーマニュアル、中国製品ですが日本語でしっかりと記載されています。

本体は内部が見えるハードケースに収納されていて、かなりしっかりしたケースです。

安価なツールですがハードケースがあると自宅の収納で便利なので良いですね。

付属品を確認

収納ケースには本体・ビット6本・ACアダブターが収納されています。

ACアダプター

ACアダプターは入力100-240Vに対応し0.4Aです、またACアダプター本体からケーブルが取り外しが可能で、USB-A・USB-Cのケーブルが利用できます。

ACアダプターを使わなくてもPCのUSBポートや、市販品のアダプターが利用できるのでグッドだと思います。

ビットセット

付属するドライバービットは60mmの長めの6本が付属プラス2本 マイナス2本 ※型の2本 となっていて、一般的サイズなので付属品のおまけとしては十分でしょう。

ただし、先端のみが金属でアタッチメント部まで樹脂製です、強度や耐久性には若干の疑問が残りますが大きなトルクが掛かる工具ではないので実用上は問題ないと思います。

本体を詳細確認

本体を持つとサイズの割にズッシリとした質量を感じます、先端からグリップ部まで厚みのある本体で、特徴的なのはコンパクト電動ドライバーとしては珍しいトルク調整のダイヤルが付いていることでしょう。

質感はまずまずな感じですが、作りに雑な感じはありません。ライムグリーンと黒色のカラーも良いイメージです。

僕が愛用している同価格帯VESSEL 220USB-1 と比べると、やはり SnapFresh の方が大ぶりで、やはり VESEEL の方が質感は上かなと言うのが正直な感想です。

本体の先端部にはLEDライトが左右に配置されておりスイッチを押す事で点灯します。

本体の背部に充電用のUSB-Cポート、USB-C になっているのは嬉しい点、操作ボタンは中央にシーソーボタンがあり自然に親指が置ける場所で押し心地も柔らかく操作はしやすいです。

ビットは差し込むだけでロック機構がありません。これは残念!

仕様

SnapFresh BBT-POL36 主要なスペックは以下の通りです。

電圧4V(DC)
バッテリー容量1500mAh
無負荷回転数215rpm
最大トルク0.4 Nm (電動) 8Nm(手動)
充電時間60分

良い点と悪い点

部屋にある家具やPC部品などの取り付け・取り外しなどに使ってみたが、コンパクトドライバーだと考えれば性能的に大きな不満もない・・ 逆に感動もないw 率直に言えば普通のツールである。

この項目では良い点と悪い点をまとめておきたい。

良い点

しっかりとした収納ケースが付属しているので保管に重宝するのがとても良い点。付属ビットが多い充電もUSB-Cで早く使いたい時にすぐに使える優れものだ。

パワーは非力だが家庭内でドライバーを利用する大概のニーズに事欠かないだろう、LEDライトがあるので暗所でも便利で役立つので持っていても損はない。

良くない点

実用上はそれほど不便ではないが・・・ ビットにロック機構がないので外れやすい。また、VESSEL製に比べ回転速度が若干遅く作業時に多少のストレスを感じる。

トルク調整があるのは良い点だが、パワー的にトルク調整する必要はあまりないと感じる。

まとめ

SnapFresh 電動ドライバー BBT-POL36 をざっくりとレビューしたが如何でしたかね?

まとめとして伝えたいのは、家庭内で使う家具メンテやPC部品の組み立てであれば十分に使える性能の工具で、ビットを別途買い足す必要がなく利用が開始できるのが最大の利点だ。

ローパワーの電動ドライバーは3,000円~7,000円に多くのモデルが販売されているが、もし所有していないのであればお薦めできる製品ではないかと思う。

ニトロ
ニトロ

電動ドライバーを持ってないなら1個は家に置いておこう!

コメント

  1. FBI より:

    細かい物ほどトルクがありすぎると困りもの、ほどほどで最後は手締めが良い感じですよね
    電動はとにかく便利ですね

タイトルとURLをコピーしました