カスタムファームウェア「JELOS」導入方法をザックリと解説します

Game Device
この記事は約6分で読めます。

時間があるとスプラトゥーン3をひたすらプレイしてる・・・ ニトロです。

さて、ANBERNIC の RG353V なんですが、とても気に入っておりまして、汎用ケースに入れて出掛ける時には必ず持って出掛けるほどです。笑

実用的な画面サイズと、持ち歩いても苦にならない本体サイズと重量、現実的な操作性に、僕が遊びたいゲームはだいたいできる性能って感じが良いです。

購入を悩んでいるのであれば買っても損はないかとは思いますが。。 まぁ、GKD mini Plus が出てからでも遅くはないかもしれませんねぇ。

さて、カスタムファームウェア「JELOS」 RG353V・VS に正式対応しましたので、導入と、YouTubeの解説動画を編集しました。

なるべく簡易に動画にしようと思ったのに、動画に差し込むスライドにアホみたいに時間を掛けてしまったので、なにげに大変でしたよっと・・・ そんで、せっかくスライド作ったのでブログで再利用させていただきます

CFW の導入方法なんて、だいたいみなさんご存知でしょうけど・・・ 新規ユーザー向けに定期的に記事化するのは大事かなとは思っております。

動画解説はこちら

この記事は YouTube による解説動画の再編集記事となっております。

JELOSについて

レトロハンドヘルドのコミュニティが開発したゲームデバイス用のOSで、公式ファームウェアよりもアップデート頻度が多く、使い勝手が良くなる機能追加や、ゲームパフォーマンス向上などのメリットがあります。

対応デバイスは、ANBERNIC WIN600、RG552、RG503 RG353P、RG353V、RG353VS、RG351P、RG351MP、RG351V となっております。

JELOSの導入自体はそれほど難しくありませんが、一定のパソコンに関する知識は必要です・・・ まぁ、そんな素人が中華ゲーム機なんて買わないと思うけどね。。。

準備するもの

JELOS を導入するのに必要なものは・・・

最低限、PCと対応ゲームデバイス、そしてシステム用とゲーム用のマイクロSDカードが2枚必要です。システム用のSDカードは容量が8GBもあれば十分だと思います。

そして、導入する JELOS ディスクイメージデータに、解凍ソフト、ライティングソフトの3種をダウンロードして入手します。

JELOS

JELOS は以下のリンク先の上部に表示されているのが最新バージョンです、Assets の項目から導入したい機種のデータを探してダウンロードします。拡張子.gz のデータです。

解凍ソフト

ダウンロードしたディスクイメージは圧縮されているので解凍する必要があります、解凍ソフトは.gzに対応したソフトであれば何でも良いです。

ライティングソフト

SDカードに書き込みするソフトも、種類はいくつかありますが・・・ 定番のEtcherのリンクを置いておきます。ダウンロードしてPCにインストールしておきましょう。

インストール

それでは、JELOSの起動ディスクを書き込みします。

まず、システム用のマイクロSDカードをPCで読み込み、念のためFat32でフォーマット、そしてBalena Etcherを起動します。

左にあるアイコン Flash From File を押して、解凍した、JELOSイメージデータを選択、中央の Select Target を押して JELOS の解凍済みデータを選択します。

最後に、右の Flash ボタンを押せば書き込みが開始されます。

ちなみに、ちゃんと確認してボタンを押さないと、PCに接続している関係ないディスクを消去する事故になるので注意しましょう。

初期設定

ゲームデバイスを使い JELOS の仕上げ作業をおこないます。事前にデバイスの電源を落とし、TF1、TF2スロットから、SDカードを抜いておきましょう

次に、PCで作成したJELOSのSDカードをTF1スロットに差し込み、電源を投入します。JELOS のロゴが表示した状態で、しばらく待つと自動的に再起動してメインメニューを表示します。

メインメニューを操作して、異常がなければデバイスの電源を落とし、ゲーム用のSDカードをTF2に刺してあらためて起動します。

既存のゲーム用SDカードを利用する場合は、メインメニューにゲームコンソールが表示されますし、新しいゲーム用のSDカードを挿入した場合は、SDカード内にゲームコンソールのフォルダが作成されるので、PCを使い該当フォルダーに吸い出したROMをコピーして再度デバイスに戻せば完了です。

RG353V・VS の設定

RG353V・VS の場合は、同機種専用の設定変更が必要となります、STARTボタンを押して、SISTEM SETTINGS から「DEVICE IS RG353V」にチェックを入れて再起動します。

WIN600について

WIN600 も JELOS に対応、しかし僕は試していないんですよね・・・ 

ゲームROMはどこに保存するんだとか、インストール方法は他の機種と違うのかなどの疑問が、YouTube のコメントで聞かれたりして困ります。笑 暇な時にWIN600も試そうかなと思ってはいますが・・・

聞いた話では、ゲームROMはシステムディスクの第2パーティションに格納するのが、他の機種と異なる点で、ROMの追加もPCからネットワーク経由になるとのことだ。

ちなみに「ゲームで見るITの世界さん」に聞きました。笑

アップグレードの方法

JELOSは、早いときは一日で最新Verに更新されたりしますが、その都度システムを書き換えると、再設定など面倒かと思います。

一応、設定を引き継いだままオンラインアップデートによる更新はできますが、更新ができない場合が稀にあるみたいです。それ以前に、厳密には技適が取れてないから Wi-Fi 使っちゃ駄目でしょみたいな野暮な話もありますが・・・

意外と知らない人が多いみたいなので記載しておきますが、ファームウェアのデータをダウンロードする際に、新規インストールであれば「.gz」の拡張子ファイルを使いますが、アップデートの場合は「.tar」を使えば手動でアップデートができます。

更新方法は、アップデーターをゲーム用SDカードの「UPDATE」フォルダーにコピーしてデバイスを起動するだけ、自動的に更新が始まります。

これさ、リリースページに英語でしっかり書いてあるんだけどね・・・ 英語読みたくない勢の多いこと。。。笑

システムのカスタマイズが楽しい

なにが楽しいって、カスタムファームウェアの設定をいろいろ弄くるのが楽しいだよね。

まずはWi-Fi設定や地域設定、メニューを日本語に変えてから、UIの設定、テーマ変更してみたり、スクリーンセーバーの設定などなど、こんな事してるのがゲームするより楽しかったりするわけです。

で、結局ゲームのパフォーマンスは公式FWより良いのか?って話なんだけど・・・ 僕にはよくわからんwww (多少の違いぐらいは理解できます!)

ANBERNIC 公式ストア

各種決済に対応、日本語サポート対応、公式ファームウェアアップデートの連絡、送料無料などのメリット、公式ストアでは権利侵害となるゲームデータは添付されません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました