GKD mini Plus 事実上2023年にならないと入手ができない?(なんとAmazonで販売開始?)

Game Device
この記事は約3分で読めます。

ニトロです。

数日前から記事にしようと思っていたんですが、公開が遅くなってしまいました。。 今回は GKD mini Plus のプレセールに関する話題です。

筐体は旧型流用なんだけど・・・ なんか魅力的だよね。

緊急差し込み項目(Amazonで販売開始)

この項目は緊急で追記しております、なんと Amazon whatsko にてGKD mini Plus が販売開始しておりまして・・・ 納期が10月末になっております。

ただし、mini dock ない & ずいぶん以前からページは存在していたらしいので、購入しても納期通りに商品は届かない可能性があります。

これ以下の記事内容がまったくのデタラメみたいな感じになってしまいました(涙

 

GKD mini Plus

淘宝網のプレセール

中国のECサイト「淘宝網」で GKD mini Plus のプレセールが始まっていましたが、すでに売り切れなのか購入出来ないみたいです。

つかものすごい少量しか販売してない?

販売数99件だけだし・・・ プレセール期間は2022年10月20日までとのことですが、在庫は復活するのでしょうか???

現在検索しても該当ページは表示しないし、表示したとしてもカートに入れられません。。。

最短納期は12月・事実上年明けになりそう

プレセールで注文した場合の納期は12月(31日まで)になるようです。おそらくAliExpressなどで一般販売されるのも12月かな?その場合の納期は来年1月以降になりそうですね。

価格は10,000円~16,500円?

479元(おおよそ1万円)から、798元(おおよそ1万6500円)と表記されていて、1万円で購入できるのは本体のみ、mini dock(アナログスティック)セットが798元と思われる。

本体がこの価格であればかなり安価だけど、事実上は必須で入手したい mini dock セットだと少し割高かもしれない。

mini dock は白とピンクのみ?

注目のmini dock は白とピンクのみと中国語で記載があるが、プレセールでは2色のみセット商品があるのか、そもそも2色しか mini dock にはカラバリが無いのか不明である。

mini dock のカラバリが白とピンクだけなら・・・ 本体はピンクを選びたい

本体カラーバリエーションは5色

本体カラーは5色あって、写真をみる限りはどの色も魅力的だと思うが・・ とはいえ mini dock のバリエーション次第のカラー選択になりそう。

チップセット RK3566

ROCKCHIP RK3566 を採用しており、ANBENIC RG353シリーズ、とくに353V/VS とスペックがほぼ同じ。RG353VをスルーしてGKD mini Plusの発売を待っている人もいるとは思う。

来年まで待てるのであれば、それも良いかもしれない。

いずれにしてもコレクション性が高いので入手しておきたい感じではある・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました