GT-King Pro の EmuELEC 更新でハマった、エミュガジェット好きおじさん「あるある」です。

Emulator
この記事は約4分で読めます。

ニトロです。

週末の日曜日、大きなモニターでゲームがしたくなったので、Belkin GT-King Pro を久しぶりに起動したんだけど・・ OSが EmuELEC 4.0 のままだったので、まずは4.1に更新作業する事にした。フォーラムの書き込みで更新すると設定がリセットされるってコメントがあったのでやってなかったんですよね。

EmuELEC の更新方法

GT-King の EmuELEC 更新方法は以下の通り、この方法でアップデートするのは初めてだったんだけど、どうやって更新するんだよとしばらく悩んでしまいましたよ。

EmuELECのFW配布ページの一番上段に書いてあったんだけど・・・ 英語だと気が付かないよね?← 

Memo
  • メニューから【Updates and Downloads】(更新とダウンロード)から、【update type】(更新データ種類)を【Stable】にする。 ※( )は日本語設定の表示
  • メニューの上部にある【EmuELEC Settings】から、 Danger Zone > Force Update を実行する。

それで、上記の手順通りにやってみたんだが、更新を開始したらモニターが真っ黒になってしまい・・ 正常に動作しているのか不明。

HTMLがノーシグナルになっているせいで映らないのか、更新中はブラックアウトするのか、今となっては不明なんだけど、結局のところ30分ぐらいしたら起動してくれたwww

思ってた以上に時間が掛かったんだけど、約800MBのデータダウンロードしてから更新なので、こんなもんかもしれませんね。知らんけど。。

ちなみに GT-King Pro って、電源ボタンの長押しでリセットしないんだよね。。 ブラックアウト中(更新中)にしつこく長押ししたけど、リセットが掛からなくてイライラしましたが、結果として強制リセットしなかったので助かりましたw

コントローラーの誤動作が発生

再起動後にコントローラーを設定して、軽く動作の確認、日本語とWi-Fiなどの設定をして、じゃあゲームでもするかと、動作確認を兼ねてスーパーマリオを起動してみると・・・ Bボタン押下で RetroArch がリセットする。 Bボタン押すと、ゲームがリセットするんですよ。(大事なことだから2回言った)

Bボタンはダッシュだろーが!!!!

コントローラーを再設定して、RetroArchのコントローラー設定いじくり回したり、キーボード繋げてさらに細かい設定いじくり回したりで・・ 

いじくった結果、もう自力では元に戻せないほどめちゃくちゃな設定なりましたwwww

こりゃ駄目だわと Danger Zone から、OSの初期化?メニューを実行してみる、この作業も10分以上掛かるんだよね・・・ メタ情報の更新中で画面が止まってるから正常に動いてるのかよく分からんし。

暫くすると再起動が掛かって、久しぶりに観る起動ムービーが流れて・・・ コントローラーを再設定して、あらためてスーパーマリオを起動してBボタンを押してみる。

はい、リセット掛かりましたwww

なんでやねん!

原因はスパコンのドングル

これ、クリーンインストールしないと駄目かな・・・ ゲームデータ入れ直すのめんどくさいw などと考えていて、ふと気がつく・・・ Super Console X PRO に付属していたコントローラーのドングルがUSBに刺さっているんだが、もしかしてこれが原因か???

ドングルを抜く、GT-King 再起動する、スーパーマリオを起動してBボタンを押すリセットしない!!! マジかよ・・・

正常動作を確認できたので、改めてスパコンのコントローラードングルを刺してみる、コントローラーの電源を入れると再設定を促され設定する。

スパコンのコントローラーも正常に動作するようになりました。。。 良かった、これでようやくゲームができるわ、気を取り直して、Wi-Fiの設定、日本語設定、タイムゾーンの設定、画面効果の設定など、お気に入りの設定をしていく。

やっとゲームが出来る状態に・・・

またまたスーパーマリオを起動して、画面の写りや、ボタンの動作確認、RetroArchの設定を確認して・・ うんうん完璧だな。すっかり満足して GT-King Pro の電源を落としました。

結局(まともに)ゲームしていないんだけどおじさんは満足だよw

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました