Apple WWDC21 新ハード発表なし、OSのアップデート中心だけど日本語非対応が多くて萎えるね

APPLE
この記事は約5分で読めます。

ニトロです。

米国時間 6月7日 午前10時 (日本時間6月8日午前2時)に開催された、Apple の 開発者会議 WWDC21 ですが・・・ 新ハードの発表はありませんでした。

そもそも WWDC はソフトウェアの発表会なので、新ハードの発表は期待ができなかったので、想定通りと言えばそうでしたが・・・

発表内容のインデックスは以下の通りです。

WWDC21 発表内容まとめ
  • iOS15:FaceTime 大幅アップデートや通知機能の向上など
  • iPadOS15:マルチタスク機能の強化、ホーム画面ウィジェット強化
  • AirPods:AirTagのように探せる機能を追加
  • AppleMusic:空間オーディオに対応
  • macOS Monterey:Appleデバイス間の連係強化
  • watchOS8:ヘルスケア「マインドフルネス」アプリを追加
  • tvOS15:音楽や動画を一共有できる「SharePlay」対応
  • iCloud+:セキュリティ機能を強化

各OS の実装機能に関する発表のみであり、機能自体は悪くはない内容でしたが、多くは Google など他社が実現している機能を追加しただけなんじゃね? と個人的に感じてしまう内容ではあります。

なによりも、日本語に対応していない機能が多すぎるので日本人的には萎えてしまうのが正直なところではないですか?

詳しい内容については、公式サイトや、解説する各メディアで確認していただくとして、この記事では僕が気になったアップデート機能などを少し紹介します。

iOS

FaceTime

日本人で FaceTime(ビデオ通話) を使っている人はどれだけ居るのでしょうか?w iPhone やMAC にかなり初期から実装されていたわけですが、LINE や ZOOM などにシェアを奪われていました。

今回のアップデートでは、Windows や Android でも利用ができるようになり、参加者全員を一つの画面で見る事ができるグリッド表示や背景のぼかしなどにも対応しました。

つまり、ZOOM ですよね。

あまりにも遅すぎるアップデートとしか言いようがない・・ まぁ、Apple のデバイス間であれば確実にインストールされているので連絡手段としてはありですし、機能向上としては悪くないですけどね。

Wallet

家やホテルの部屋、運転免許証などをウォレットに追加できるようになりました。これは便利ですね・・ ただ iPhone を落としたり盗まれたらヤバい事になりそうですけど。

大丈夫です、現時点で日本は未対応です。

iPadOS

個人的には一番注目していた iPadOS ・・・ M1搭載による大幅なアップデートや機能向上を期待していたんですけどね。無難な感じでした。

Widget & Multitasking

ウィジェットをホーム画面に配置できるようになりました・・・ うん Android だねw おそらく便利なんでしょう。知らんけど。

画面上部に表示される新しいコントロールでスプリットビューをすばやく作成が可能になりました、ドックに登録していないアプリもホーム画面から起動したり、異なるウィンドウ間の切り替えも簡単に。

アプリ間のファイルのやり取りなど、パソコンのように使用ができる UI 進化が進んでいますが、あくまでも MacOS とは別ですね、統合する気はないようです。

Quick Note

ApplePencil を画面右下の角からスワイプするとノートにアクセスできて簡単にメモが取れます。そしてそのノートは、それを取ったアプリへリンクされます。

iPadOS を便利にする小技の効いた機能ですし実際に便利に使えそうです。

Scribble

スクリブルは検索ボックスやテキストフィールドに ApplePencil で手書きすると、テキストに変換してくれる機能の事ですが、英語と中国語のみに対応していたスクリブルが日本語に対応しました。

漢字の変換精度とか気になりますけど、実用的なレベルであればキーボードなしで運用が出来るかも!!! (新機能ではない)

macOS

Monterey

新しいMacOSの名は「Monterey」モントレーです。

Universal Control

マウス、キーボード、トラックパッドなど、一つのデバイスで Mac と iPad のコントロールが可能になりました。MacBook のカーソルを直接画面の端まで動かして、iPadへ移動させることが可能です。

あたかもデュアルディスプレイのようにマウスカーソルの移動ができて、カーソルのあるデバイス側でキーボード入力が可能になります。

さらに、ドラッグ&ドロップによりデータ移動もできるので、MAC と iPad をメインに使用しているクリエイターにはとんでもなく便利な機能と思います。

あえて言うと Windows にも対応してください!

全体的な感想

先週書いた WWDC21 の予想記事で拡張現実ARメガネ Apple Glasses の発表あるんじゃね? などと適当な事を書きましたけど、出ませんでしたw まぁ、噂されるAppleの新製品の中で、個人的に一番期待しているデバイスなので・・・ 

あと Apple Car なんてのもありますが、全自動運転みたいな車にはあまり興味がないのでwww

WWDC21 の発表内容自体は全体的にパッとしなかったとは思いますが、使い勝手の向上に繋がる事が多いですし、実際に手にして使ったら気に入る可能性は高いと思います。

M1 iPad Pro の性能を最大限発揮できる、なにかしらの機能実装があるだろうと予想していたんですけど、この点は残念でしたね。

まぁ、 注文している iPad Pro が今月末には到着しますので、到着したら OS のアップデートも含めて、いろいろと検証して遊びたいなと思っております。

それでは!

SOURCE & Photo:Apple

コメント

タイトルとURLをコピーしました