【悲報】MacBook Pro15 にタッチバーなしモデルを追加?

APPLE
この記事は約5分で読めます。
GORIPAKU2009_TP_V

engadgetにこんな記事がありました。 

噂:MacBook Pro15インチにタッチバーなしモデルが追加か、次世代Mac Proに続く路線変更の一環

MacBook Proの15インチモデルにTouch Bar非搭載のモデルを検討しているとの噂・・・この件について、超個人的な見解を書きたいと思います。


gori_9V9A8291_TP_V
Touch Bar が無いモデルは2016年モデルのMacBook Pro 13インチに存在はしますが、CPU速度やThunderbolt 3端子の数なども抑えられ、廉価版と言っても良いモデルです。

2016 MacBook Pro Touch Bar モデルを発表後に、旧型の MacBook Pro の注文が増加し、特にプロユーザーにはTouch Barに関して否定的な意見が多かったため、Appleは方針転換を検討しているようです。

売り方としては、Touch Bar モデルと非搭載モデルを併売する事で、ユーザー側にどちらか好きな方選択できるようにするとの事ですが・・・

ちなみに、MacBook Pro 13インチはTouch Bar『 あり・なし』と機能・性能を抑える事で約3万円の差額がありました、今後、性能は同じでTouch Bar 『あり・なし』のみを差別化のポイントとする場合、製品の価格差をどうするかに興味はありますが・・

そもそも Touch Bar 機能を望んでいるユーザーがあまりいないみたいですよね?w


■ 迷走感が半端ないApple

logo
Touch Bar はおそらく失敗なんだろうけど・・
それにしても諦めるのが早すぎないですかね?アップルさん^^; Touch Bar で便利に使えるApple純正アプリってなにかあった???Doomを起動させるとか、割りとどうでも良い話しか思い当たらないけど・・・

アプリケーション、MacOSとの親和性機能とか、まだまだ可能性はあると思うんだよねぇ。。ユーザーの評判が悪いから辞めるなら、USBポート、SDスロット、HDMI端子、Magsafeも復活してみればいいんじゃないかな?www

正直、なにがしたいのか解りません(T_T)


■ ラインナップが増えすぎて選びづらいMacBook

MacBook
さて、将来MacBook Pro 13/15インチがTouch Barあり・なしで構成された場合、 MacBookのラインナップはさらに種類が増えてしまいます。その場合のラインナップは以下の通りになるのではないかと想定します。

MacBook Pro15
 ① Low GRADE  Model
 ② High GRADE Model
 ③ Low GRADE  Touch Bar Model
 ④ High GRADE Touch Bar Model

MacBook Pro 13
 ⑤ Low GRADE  Model
 ⑥ High GRADE Model
 ⑦ Low GRADE  Touch Bar Model
 ⑧ High GRADE Touch Bar Model

スペースグレー/シルバーと2色あるので、合計16機種です。
さらに13インチの廉価Modelが残るとすれば、17機種となりますが・・まぁ無くすかな?w

MacBook
 ① Low GRADE  Model
 ② High GRADE Model

MacBook Airはディスコンだと思いますが、MacBookはエントリーモデルとして残ります。
色は4色展開で、シルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールド 合計8機種です。

つまり、MacBookシリーズは24機種以上のラインナップを取り揃える事になります。素晴らしい!!!

いやいや、新iPadの記事でも書いたんだけど、あきらかにラインナップが多すぎ。選択肢が多いとユーザーはどれにすれば良いか悩み、悩んだ結果、購入を見送ったり、他の製品(Windows製品)に流れたりします。将来的にPCのニーズはより少なくなり、iPadのようなタブレットが中心になるとAppleは考えていたはずなのに、なんで更にラインナップが増えるんだよ。


■ ラインナップ ジョブスだったら・・俺ならこうする!

jobs
MacBook Pro15 (スペースグレイ 1色)
 ① High GRADE Touch Bar Model

MacBook Pro13 (スペースグレイ 1色 )
 ② Middle GRADE Touch Bar Model

MacBook (シルバー、ゴールド、ローズゴールド 3色)
 ③ Low GRADE  Model

カラーも含めて5機種に整理する。

Proモデルはプロフェッショナル、スペースグレイの専用カラー、15インチはハイエンド用、13インチは高スペックを要求しつつも機動力を求めるユーザー向け製品とする。MacBookはエントリーユーザー向け、無難なスペック、3色展開から好みの色を選べるカジュアルな製品とする。

マニアック、プロフェッショナルの層はどうせビルトインオーダーで好みのスペックにするから、デフォルトの機種数は少なくてもあまり影響がない。パソコンがあまり売れないご時世、機種数はこれで十分だし悩まずに済む。

Touch Barは敢えて残してみたが、併売するぐらいなら清く排除してしまっても良いと思う。

個人的には、ポートはUSB-Cでも良いんだけれど、MacBook ProにはSDカードスロットとHDMIポートは付けといたほうがいいんじゃないかい?プロフェッショナルな方には必要だよねぇ?


去年発表された Touch Bar MacBook Pro を見て購入を見送ったのは正解でしたが、高い値段で購入に踏み切ったApple信者の方々にはご愁傷様としか言いようがないっす。嫌味ではなく、高額な製品なのに評価が微妙と言う意味でね。

そして、今年発売されるであろう MacBook Pro は楽しみですけどね ( ̄ー ̄)
ちなみに・・次こそは買うつもりですwww

人気ブログランキングへ 

コメント

  1. より:

    これとは全然ちがう流れになって残念でしたなぁ
    touch barは有能ですね、今となっては。憎くて使うのを拒んでるのかもしれませんが。

タイトルとURLをコピーしました