Feiyu Pocket 2S レビュー 世界初の超小型セパレートジンバルカメラがめちゃ楽しい!

Gadget
この記事は約11分で読めます。

ニトロです。

今回は「Feiyu Pocket 2S」という、ちょっとおもしろいジンバルカメラのサンプルを先行入手する事ができましたので・・ しっかりとレビューしたいと思います。

Feiyu Pocket 2S」は、3軸手ぶれ補正機能を搭載したカメラ付きジンバルで、 60fpsの4K動画撮影や130°の超広角レンズを搭載、さらに世界初のカメラ部が脱着できるウェアラブルモデルです。

ポケットサイズの3軸カメラジンバルと言えば、DJI の OSMO Pocket がマーケットを開拓して不動の人気製品となりましたが・・・  「Feiyu Pocket 2S」 は、ウェアラブルカメラというユニークな機能から話題になりそうな予感がします。

Makuake にて本記事公開と同時に予約販売開始

カメラ部が本体に固定されたオーソドックスモデル 「Feiyu Pocket 2」と、世界初セパレートジンバルカメラ「Feiyu Pocket 2S」の2機種が、なな・・なんと! 

本記事公開と同時に Makuake にて予約販売開始です!
早期割引あり

まずは Feiyu Pocket 2S 特徴から!

着脱可能なウェアラブルカメラ

Feiyu Pocket 2S はポケットサイズの3軸ジンバルカメラ、最大の特徴である、脱着可能なウェアラブルカメラ機能についてまずは説明したいと思う。

読むより観る方が理解しやすいと思うので、まずは 公式PV をご試聴くださいw

どうですか? 面白いカメラじゃないですか???

Pocket 2S は、カメラ部と本体が分離可能で、専用マウントや、車のボディーなどの金属面にマグネットで取り付け可能です、この機能により、従来とは違う撮影スタイルが楽しめるんです。

カメラはもちろん、本体背面もマグネットになっているので、金属面であればカメラも本体も簡単に固定ができて両手を開放した撮影も可能です。これは新しい!

130°の超広角レンズを搭載 4K 60fps 撮影が可能

ポケットサイズでありながら、動画形式 MP4 または MOV により最大ビットレート 120Mbps 4K 60fps の動画記録に対応、旅行などで荷物が多い場合でも手軽に高品質な映像の記録ができちゃいます。

特に注目したいのは、ジンバルカメラとしては最高画角の(FOV) 130° の超広角レンズを搭載していること、狭い場所でもダイナミックな映像撮影が可能ですよ! ちなみにライバルの Osmo Pocket 2 は FOV 93° です。

ブレイクポイント撮影

Feiyu Pocket 2/2S で、僕がこれは良いなと思った機能がブレイクポイント撮影動画の撮影中に一時停止して、その後に撮影を再開しても、同じ動画ファイルに連続して映像記録できるんです

動画編集ソフトを使わず撮影するだけで編集が完了するので、シンプルな動画であれば You Tube などに即公開することが可能になります

あらかじめ接続するシーンを考えながらブレイクポイント撮影すれば、編集の手間が不要になるので、かなり便利に使える機能ではないですか?

Wi-Fi 内蔵

Feiyu Pocket 2/2S にはWifiが内蔵されていて、専用アプリ「Feiyu Cam」を使ってスマホと簡単に接続ができます。スマホで映像を確認しながら撮影したり、より詳細な設定もできます、またデータをその場ですぐにスマホに転送して、SNSでシェアなんてことが簡単にできて、めちゃ便利です。

Osmo Pocket の場合はWi-Fiモジュールを別途購入したり、付属品を使って接続したりで、少し面倒なようですね。あっ、僕は Osmo Pocket 所有してないので悪しからずwww

基本仕様をチェック!

Feiyu Pocket 2S

主な仕様

マニュアルなどから抜粋した仕様は以下の通りです。

  • 4K 60fps 最大ビットレート 120Mbps
  • 130°超広角レンズ
  • 3軸ブラシレスジンバル
  • 着脱可能なウェアラブルカメラ
  • 1.3インチ タッチスクリーン
  • インテリジェント撮影、ブレイクポイント撮影機能
  • スピーカー内蔵、外部マイク対応
  • HDMIインターフェース
  • バッテリー容量:875mAh (充電1.2h 駆動 3h
  • 重量:179g
  • 本体サイズ:95 × 30 × 24.5mm
  • カメラサイズ:95 × 30 × 24.5mm

撮影モード

動画と写真の撮影は当たり前ですが、スローモーションタイムラプスパノラマモード など、基本的なモードは搭載しています。

また、ラプス撮影は You Tube のクリエイターがよく利用する、タイムラプスモーションラプスハイパーラプス などを搭載しているので素材撮影にも有効活用ができそうです。

モードによっては Feiyu Pocket専用アプリ を使えばと、より詳細設定や撮影時の操作性が高くなりますので、日中や夜間においても綺麗な映像を撮る事ができますよ。

実際に僕がテストで撮影したモーションラプスの映像をYouTubeにアップしましたのでご確認ください。初期設定のまま、編集でカラー調整などはしていない映像です。

Pocket 2と2S 仕様の違い、2Sには三脚穴がない?

Pocket 2 ・ Pocket 2S どちらも3軸ブラシレスジンバルを搭載、スムーズな手ぶれ補正が可能5方向のジョイスティック操作ができるなど、基本性能と操作性は同一ですが・・・

Feiyu Pocket 2 の場合は本体の三脚穴が省かれている。なんでやねん! よく確認してみたら付属するマグネットベースに三脚穴があるので、これを取り付ければ三脚などの固定も可能であるという事らしい。

レンズ部が取り外せる Pocket 2S の場合、シンプルさは多少犠牲になるけど、結果として撮影の自由度が高くなるので合理的かなと納得しました。 本体に開けといてくれても良いけどwww

パッケージと同梱品を確認!

さて、パッケージと同梱品を紹介します、こちらで紹介する製品はサンプル品のため、正式な商品とは内容が異なる点があるかもれしれないので、あらかじめご了承ください。

パッケージ

パッケージは白を基調に青色のアクセント、コンパクト&シンプルで清潔感を感じるものです、蓋を開けてみるとスポンジ製の緩衝材にカメラ本体、黒の紙製ボックスが整然と収められていました。

添付品

中身を取り出して並べて写真を撮ってみました、詳細は以下の通り。

内容物
  • Feiyu Pocket 2S 本体(リール部は取り外しが可能)
  • ハンドホルダー(本体を取り付けて腕などに固定するアダプター)
  • マグネットベース(両面テープ × 2)
  • リストバンド × 2(短・長)
  • 充電用USB-Cケーブル
  • 収納ケース
  • 取扱説明書(他にSNSカードなど)

付属品は撮影において最低限の物ですが、過不足がない構成品と言えるでしょう。取扱説明書英語・中国語表記のみでしたが、製品版には日本語版がちゃんと付属するとのことです。

また、対応する様々なオプション品は Feiyu から順次発売されるので、自分好みのカスタマイズが楽しめそうですね。

本体をしっかりチェックしよう!

カメラ本体

Feiyu Pocket 2S を手で持ってみると、けして重たくはないがズッシリとした質感を感じて、カメラ特有の高級感があるが、レンズ部は電源オフ時に固定されずに「ブラブラ」しているのが少し残念な印象です。

机の上に置いてみると自立して立つけど、ケーブルリールがあるため全長が長く不安定な感じ・・・ とは言え、レンズ部を外して自由な撮影ポジションが取れるのでデメリットにはなりません。

操作ボタンは本体右の電源ボタン正面中央にある5方向のジョイスティックに、下部のシャッターボタンの3箇所のみと至ってシンプル。

本体左側に充電用のUSB-CポートとMicro SDカードスロット本体右下にはマイクロHDMI端子があります。別売りされるマイクなどのオプションパーツはUSB-Cポートを利用して拡張ができるみたいです。

カメラモードの切り替えや細かい設定は正面にあるタッチ対応の液晶で操作ができます。

レンズ部と本体はマグネットで固定されていて、かなり強力なので撮影中に外れたりズレる事はまずないと思いますが、激しい動きを伴う撮影をする際にはリストバンドなどを使う方が安全と思いました。

レンズ部

レンズ部は片側で固定された3軸スタビライザー、レンズの縁に赤いアクセントがあり見た目はなかなかクール。

レンズ部の取り外しは本体リールに巻きつけてあるコードをクルクルして外しますケーブルの長さは約90cmあるので、腕にレンズを固定してポケットに本体のような撮影スタイルが可能。

従来のカメラとは全く異なる撮影方法が考えられるので色々と楽しめそうです。

気になったのはケーブルの耐久性で、残念ながらプラグインではなく本体とレンズ部にコードが直付けされています。ある程度の耐久性はあると思いますが・・・ ハードに使用すれば摩耗は避けられない? これはマイナスポイントですね。

液晶表示や操作方法をチェック!

タッチ操作

Feiyu Pocket 2S1.3インチのタッチパネル液晶を搭載、スワイプ&タッチ操作で、カメラモードの切り替え・撮影設定などが可能、小型のスクリーンですが感度も良く操作感は良好です。

画面操作はタッチスクリーンを指でスワイプする方向により、撮影モードを切り替えたり、各種設定画面を呼び出だすことができるので、しばらく弄って慣れると直感的に使えるようになるでしょう。

操作もYouTubeにサンプル動画をアップしましたので観ていただく方が伝わると思います!

よく使う機能は正面のボタンにショートカットが割り振られていて、ジョイスティックをトリプルリックで自撮り位置にレンズを反転・ダブルクリックでスタビライザー位置リセット、シャッターボタンの長押しでWi-Fi接続モードになります。

操作を覚えれば操作が直感的で思い通りになるので気持ちが良いですよ!

スマホアプリ操作

専用アプリ Feiyu Cam を利用してPocket 2S と Wi-Fi 接続すれば、撮影中の映像をスマホ画面で確認できる事はもちろん、トラッキングしたい対象物を指で選択する事で追尾撮影できたり、デジタルズームも本体で操作するよりも圧倒的に使いやすくなります。

また、撮影した写真や動画は即スマホに転送できるので、SNS でシェアするのも超簡単!スマホとセットで操作性や柔軟性が高くなるのでお薦めです。

もちろんアプリはちゃんと日本語に対応しているので安心ですよ。

開封&撮影サンプル映像

Feiyu Pocket 2S の商品開封動画を僕のYouTubeチャンネル「NitRo Vlog」にて公開しております、この動画内の後半に5点ほど映像サンプルを入れてありますのでよろしければご視聴ください。

公開しているサンプル映像は、編集時のカラー補正などせずに、撮影データそのままアップしていますので、映像品質がチェックしていただけると思います。

なお、YouYube は最近始めたばかり、普段もあまり動画撮影しない素人である事を考慮してご確認くださいね!

撮影して編集していて気になった点ですが、マイク性能はあまり良くないかもしれない・・・ 良い音で録音したいならマイクは別に用意した方が良さそう。

Feiyu から良質なオプションマイクが発売される事を期待します。

まとめと評価

まとめ
  • 世界初の着脱可能ウェアラブルカメラ
  • 130°の超広角レンズを搭載 4K 60fps 撮影が可能
  • 自由な撮影スタイルが可能、超小型な軽量ボディー
  • 操作性良好!専用アプリ Feiyu Cam を使えばさらに便利に!
  • ケーブルの耐久性が少し心配
  • マイク性能はイマイチかも?

Feiyu Pocket 2S について、忖度なしに個人的にかなり気に入ったカメラとなった。カメラ・レンズ部がセパレートになる事で、撮影ポジションが自由になるのは相当なメリットで、起動も早く、撮りたい時にすぐに撮影できるのが良い点だ。

最近 YouTube の動画投稿も始めたので、これから Feiyu Pocket 2S で、どんどん撮影して作品を公開していきたいと思う。

ニトロ
ニトロ

文句なく楽しい!アプリのアップデートも期待できるし神機になる可能性大!!! ただしハード的には完璧とまでは言えないので・・・

評価は星4にしておきます。

評価 :4/5。

Makuake にて先行予約販売開始!

コメント

タイトルとURLをコピーしました