Meta Quest 2 VR Chat で可愛いフレンドができたー!?

Gadget
この記事は約5分で読めます。

ニトロです。

前回公開した Oculus Quest2 の記事・・・

アダルトコンテンツ認定されまして、Google の広告が剥がされましたwwww

いやいや、確かにエロに関する話題を書いたけどさぁ・・・ 刺激的な画像や動画を貼ったわけじゃないやん? 酷くね???

Google さんに逆らうと面倒なので、Fanza のリンクは削除して審査申請しました、記事内容的には問題ないと思うのでそのまま掲載は継続しますけど。

追記:再審査しましたがエロいのでダメだそうですw 厳しいねw

Meta Quest2 のプレイ体験

最初に Oculus の製品名称についてですが、「オキュラス」の方が馴染みがあるし、僕が購入した製品のパッケージにも「Oculus Quest 2」と印刷されているけど・・・ 正式名が「Meta Quest 2」になったので、NitRo Blog では今後製品呼称を基本的に「Meta Quest 2」に統一しておきます。

そんなわけで、引き続きVR初心者ニトロさんの「Meta Quest 2」ぷち体験レビューコラムです。

ホーム画面が複数になり混乱

僕は現在、非常に忙しい時期になっておりまして、ガジェットをじっくり操作したり、遊んだりする時間がなかなか取れない状態が続いております・・・ そんな中 Meta Quest 2は隙間時間に弄っております

しかし、なにせ VR機器を初めて触ったので、イマイチ理解がしづらいんですよね。

特にホーム画面、Meta Quest の基本ホーム画面、PC接続時の Oculus Link(Air Link)ホーム、さらにPC接続状態で Steam VR を起動すると Steam VRのホーム画面と、ホーム画面だけで3種類(僕の環境)も存在しているので理解するのに時間が掛りました。。。

Meta Quest 2 が手元に届き、スタンドアローンの状態で暫く弄っていれば混乱しなかったかもしれませんが、せっかちなので、本体を開封後にあれもこれもとアプリ入れたり、設定したもんだから、ごちゃごちゃになって???な状態でしたw

各ホーム画面ごとに操作方法も微妙に異なっていたりするし、さらに、Meta Quest のスタンドアローン版のアプリ、Steam版にも同一のタイトルアプリがあったり、重複購入しそうになったりも・・・(汗)

いやぁ、だいぶ混乱しましたw

VR Chat

ソーシャルVRと言われる新しいジャンルのサービス代表格? VR Chat をテストしています・・・ まぁ、このサービスも何をすれば良いのか、若干困惑しておりますw

基本的にユーザー同士の会話や、オブジェクト制作、売買など、コミュニティ中心で楽しむみたいです、しかしコミュ力が低い僕には若干ハードルが高いですねw

操作メニューがすべて英語、操作や設定に慣れるのにも時間がかかります、交流できるフレンドがいないとまったく面白くないので、とりあえず初心者向けのワールド [JP] Tutorial World に行ってみました・・・ 

このワールドは、初心者に色々教えてくれる人が多いらしい? とりあえずボケーッとしていると話しかけられました

話しかけてくれた人のアバター、見た目は女ですが中身(声)は男・・・ そして、僕の見た目も女です・・・ 僕も当然ながら男ですがwww のんびり話す時間が無かったので、操作方法など軽く教えてもらい、フレンドになってくれましたが。。 

その際に教えてもらった事は、Meta Quest はスペックが低いので機能制限がされていて、アバターの見た目も簡易なキャラクターに変更されている、どうやら Quest では入場ができないワールドもある

要するに・・・ Meta Quest 単体は手軽だけど、機能が限定されてしまい、できない事が多く、映像の質も落ちてしまう

じゃあ、どうすれば良いかと言うと、Meta Quest にPCを接続する「Oculus Link」または無線接続の「Air link」で接続する。Meta Quest 単体で遊ぶ手軽さは失われるけど、性能の高いPCを母艦にして遊ぶ方が圧倒的に良いって事だ。

PCとの接続について

前述の通り、Meta Quest はPC接続で Steam などのVRアプリケーションが実行できる、Meta Quest のみで動作するゲームよりも、映像や動作などクオリティーが高い。接続方法は、USB-C接続の「Oculus Link」という有線接続か、Wi-Fiを使った無線接続の「Air link」が利用できる。

両方の接続を試してみたが、有線の方は遅延も起きないし映像も綺麗に見えるが、とにかく使用中にケーブルが邪魔である、椅子に座ってプレイすると肘掛けに絡まりイライラする事が多い。

逆に無線接続の「Air link」微妙な遅延を感じ、映像も有線に比べ幾分か粗さを感じるが・・・ スタンドアローン使用と同等の快適さが手に入る。

機敏な動作を求めず多少の映像の粗さを許容するのであれば、無線接続の「Air link」が圧倒的に手軽で快適であるわけだが・・・ 「Air link」問題はバッテリーの減りがめちゃくちゃ早いって事にある。体感的に満充電から2時間は保たないのではないかと思われる。

解決策として、画像のようにヘッドバンドにバッテリーを装備して充電しながら使うという方法がある。。。。

もう重装備すぎて怪しさは満点であるが・・・

まだまだ検証は続く・・

今日の21時、前述した VR Chat のフレンドと約束しているので、今回の記事はここまでにするw

僕が仮想現実内で、なにが出来るか、なにをしたいのか・・・ これは暫く時間が掛かりそうな感じではある、現時点でわかった事は Meta Quest 2 は非常に良い機器ではあるが、単体利用においてスペックや仕様的にも、まだまだ改善の余地があるという事だ。

しかし、システムアップデートなどは頻繁におこなわれているみたい、発売当初からは相当機能的に向上はしているようである。

現状で満足できる処理をおこなうにはPC接続が必要、ヘッドセットを装着して映し出される仮想現実空間は気持ちが良いけど、ヘッドセットの重量が重たく、目の周りが痛くなる、長時間装着すると疲れてしまうのだ。

VR Chat はマウスとキーボードで操作してモニター使う方が楽で良いな・・・ などと本末転倒な事を思ったりもするのだったwwww

コメント

タイトルとURLをコピーしました