【Review】Jlink「E24FP1K」24インチゲーミングモニター 意外と良いんじゃないかな?

Gadget
この記事は約6分で読めます。

こんにちは、ニトロです。

さて、「Jlink製 24インチゲーミングモニター」のレビューサンプルをご提供いただきました、提供品ではありますが忖度なしの正直レビューをおこないたいと思います。

中国の新興メーカー、聞いたこともないブランドですが、果たして映像のクオリティー・品質どうなんでしょうかね? 詳しく解説します。

Jlink 「E24FP1K」について

今回サンプル提供いただいた商品は「Jlink製 E24FP1K」という型名の24インチゲーミングモニター、同社モニター製品の中ではIPSパネルを採用した中間機種の位置づけのようです。

製品概要・特徴

1920×1080(フルHD)解像度、リフレッシュレートは最大165Hzに対応した24インチのゲーミングモニターです。

安価なゲーミングモニターは応答速度の早いVAパネルを採用した製品が多いと思いますが、本製品は応答速度4msのIPSパネルでゲーミング用途にも十分な性能を発揮、よりリアルな映像を表現する技術「HDR」にも対応美しいIPSパネル表示はクリエイター作業にも適しています

スペック詳細

型 名E24FP1K
ディスプレイサイズ24インチ
解像度‎1920×1080(FHD)HDR対応
アスペクト比16:9
コントラスト比3000:1
輝度250cd/m²
視野角178度
色域sRGB106%
リフレッシュレート165Hz
応答速度4ms(GTG)
スピーカー非搭載
インターフェース・HDMI2.0×2
・DP1.4×2
・Audio out×1
付属品・取扱説明書
・HDMIケーブル
・電源アダプタ ×1
調整範囲チルト:-5°~ 20°
本体サイズ‎539.9 × 319.4 × 44.0mm
本体重量約4.07 kg
発売時期2022年8月

YouTube レビュー動画

YouTubeにて動画でも確認が可能です

開封して付属品を確認

それでは実際に「E24FP1K」を開封、デスクに設置、使用した感想などをレビューしたいと思います。

パッケージ内容

パッケージ内容について、まず外箱ですが、一般的なモニター製品といった感じのごく一般的なダンボールで、ちょっとつまんなーい(笑

中身を取り出して全てを並べると写真の通り、非常にシンプルなパッケージとなっている。

付属品はACアダプターとHDMIケーブル、そしてユーザーズマニュアルの3点マニュアルは英語と日本語の2言語で、組み立てや操作方法などが記載されている簡易な内容だった。

脚部の部品はドライバーなどを使い自分で取り付け作業が必要である、コインでも締められそうだけど、形状的に厳しいかもしれないね。

本体デザインと機能

使用すれば常に目にする事になるモニターパネルは、四辺の黒渕も少ないくスッキリ、下部中央に「Jlink」ロゴがあるが、むしろ無い方が良いと思う(笑

背面は赤のリング形状が特徴的、排熱用のダクトなどデザインが凝っていて、一見するとLEDで光るのかと思ったがそのようなギミックはない。個人的には光らなくて良いと思う。

モニタースタンドは鉄製で後ろには倒れない安定感がある、しかし前側の荷重に弱い感じだ・・・ 大きな地震が起きたら必ず手前に転倒するだろう。

入力端子は、電源ポートに、DP×2 HDMI×2 3.5mmイヤフォンジャックだけ、USB-C入力は無いしUSBハブ機能も有していない

正面から見て右後ろに「押し込み対応のジョイスティック」がある、長押しで電源オン・オフ・メニュー操作などおこなう、これは結構使いやすい

低価格なモニターではあるが質感はそれほど悪くない、僕が所有する少し高価なモニターと比べて質感に遜色はない

VESA対応、むしろ宙吊り推奨です

残念な点はスタンドの可動範囲でモニターの角度調整 -5°~ 20° のみ、上下左右の可動ができないのでポジションは限定的で縦型利用も不可能だ。ただし、スタンド部品を取り外せばVESAマウントで好みのスタンドやアームによる宙吊り設置が可能である。(事実上これが現実的)

そうそう内蔵スピーカーも省かれている、内蔵スピーカー使うことはあまり無いが、稀に使いたい場合もあるんだよねぇ・・・

表示品質

「E24FP1K」を一切の設定はせずにPC接続、DELLの格安モニターと発色・輝度などを比べてみたが・・・ 輝度の調整幅は少し「E24FP1K」の方が弱いようだ、コントラストも控えめ、良く言えば優しい表示、悪く言えばメリハリがない

ただし、輝度はモニター側のHDR設定をオンにして、PC側で調整すると改善される。

リフレッシュレートは最大165Hzに設定できるので、FPSなどのゲーム、通常時でもスクロールなどでぬるぬるとした操作感が得られるが、いずれにしても僕にはあまり必要なさそうだ(笑

フルHDモニターなので目には優しいが解像感がないのは仕方がない、色の再現性・発色については高価な製品に比べれば劣るかもしれないが・・・ 僕の目で確認する限りは十分な性能に感じる。

やはりゲーム機用モニターとして最適だな

個人的にはメインモニターとしては解像度が低く作業用途には使いづらい、やはりサブやゲーム用として使う方が良さそう

表示品質にあまり不満が無いので、作業時のメディア視聴用などには良いと思う。

まとめ

事務所のサブモニターとして採用です

最後に気に入った点とイマイチな点をまとめると・・・

気に入ったポイント
  • シンプルで飽きないデザイン
  • IPSスクリーン・表示品質は概ね満足
  • ジョイスティックのメニュー操作がしやすい
  • リフレッシュレート165Hz(いざという時に変更可能)
これはイマイチ
  • スタンド調整はチルトだけ・・ 前転倒しそうなのも怖い
  • 内蔵スピーカーが無い・・ 不便に感じることもある
  • USB-C 非対応 USBハブ機能なし

こんな感じですかね。

結論として、メインモニター利用で考えると解像度が低く、USB-C 非対応なども難がありますが、そもそもサイズが24インチなので、サブモニターとして利用するのであれば大きな不満にならないのではないかと・・・

やはりゲーミングモニターに最適機種ですね。

さて、価格ですが・・・ 通常価格29,980円なので少しお高めな感じがしますが、Amazonの同機種ページ内にある9,000円OFFのクーポンを使えば20,980円と安価になります。(いつまであるか不明)

モニター製品はブランドが乱立していて、価格もかなりの混戦模様、機種選択に苦労しますが、Jlink 製品も検討材料に入れていただければ幸いでございます。

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました