ANBERNIC RG353M 金属で重たくて冷たい四角いやつが帰ってきたぞ

Android
この記事は約3分で読めます。

メタルモデルは出さないのかなと思っていたら・・・ やっぱり出すんだ!

ニトロです。

ANBERNIC が開発中・・ というか、もう出来てると思うけど 笑 メタルシェルの RG353M なるモデルがDiscordでリークされていました。

そんなわけで、軽めにまとめ記事・・・ というか、先に動画作ったので、動画素材から再編集した記事となっております。

それでは、どーぞ

YouTube 速報動画

動画も軽め編集、省エネ仕様です・・ とは言え、4時間ぐらい掛かってます。

ANBERNIC RG353M

Design

デザインは、これぞ ANBERNIC と言った感じのデザインが復活しました。 なんかちょっと嬉しい気持ちになります。なんでだろう???

RG351MP よりも少しサイズが小さいみたい、おそらく縦も横幅も数ミリ小型化されているように見えます。また、スクリーン下部のでかいロゴが消えたのでスッキリしました。

なにも完全に消さなくても良いんだけどね。。。 小さくするだけで良いのに。笑

RG351MPとインターフェースの差異はHDMI出力が搭載されていること、それとショルダーボタンの形状もかなり違います。操作性が気になるところです。

Spec(予想)

ほぼ間違いなく RG353P と同じではないかと思いますが・・ 

Soc は RockChip RK3566 Android&Linux のデュアルOS対応だが、Google Play Store には非対応なんかなと思います。

特徴としては、メタルシェルでとても質感が高く、横型スタイルで持ちやすく遊びやすいこと、ただし金属なので重たいだな。でもなんか好きって感じ。。。

RG351MPでは、金属であるが故にWi-Fi・Bluetoothに問題があって、発売時にWi-Fiモジュールを取り外すという騒ぎがありました。

RG353Mはしっかり対策できたのでしょうかね???

発売時期と価格予想

リークが出た時点で、発売一ヶ月前ってのが定説って感じですが・・・ おそらく年末商戦の商品なのかもしれません。

価格はRG353Pよりも40ドル前後は高価になるので、日本円だと2万5千円ぐらい??? RG552との差別化もあるしねぇ・・ いずれにしても日本人からすると買いづらい価格になるのは間違いなさそうです。

でも、メタルシェルモデルが好きに人には良いかも、事実上の完成品みたいなモデルになりそう。

ちなみに、この記事は素材を作成せずに、文章だけ書いたのでだいたい30分で仕上がりましたw

コメント

タイトルとURLをコピーしました