RK2020「THeRA 2.4 NTFS V2 」がリリースされています。

Emulator
この記事は約3分で読めます。

ニトロです。

RK2020「THeRA 2.4 NTFS (Updated 7 11 2020)」ファームウェアがリリースされています。

THeRA 2.4 NTFSは特別なアプリケーションやネットワーク接続などしなくても、PCにSDカードを読み取らせるだけでROMやBIOS管理が可能になります。

Githubにて開発者の方がリリースされたもので、将来的なサポート、導入による不具合や機能に関する保証はありませんので、導入される際は自己責任でお願いします。

THeRA 2.4 NTFS V2 内容

以下は公開されているページのGoogle翻訳を少し読みやすく修正しております。RK2020ユーザーを悩ませているバッテリー関連のパフォーマンスアップがメインと思います。

  • バッテリー監視パフォーマンスを向上させるために、fat32ブートパーティションの.dtbを更新
  • Drasticエミュレーターのメニュー更新問題の修正を追加
  • Drasticのデフォルトのフルサイズ画面(L2を使用して上部画面と下部画面の切り替えが可能)
  • Drasticファームウェアの言語を英語に変更
  • Drasticのデフォルトのフレームスキップ値を4から2に変更
  • RK2020の更新されたコントロールを含む再コンパイルされたPPSSPPエミュレーターを追加(START=開始、SELECT=選択、R2 = PPSSPPメニュー)
  • RTL8188ワイヤレスUSBチップセットの安定性修正を追加
  • Pico-8サポートを追加しました。
  • 購入したPico-8 Raspberry Pi Pico-8 zipの内容をroms / bios / pico-8フォルダーに追加し、.pngゲームファイルをroms / pico-8に追加して、エミュレーションステーションメニューからpico-8が起動できます。
  • EmulationStationのゲーム選択時のフォントサイズを増加
  • コアの更新とダウンロード用のレトロアーチ(32ビットおよび64ビット)のSafariknivのリポジトリを追加しました
  • 以前のテストからのゲームリストとダウンロードされた画像のいくつかのクリーンアップ。
  • 固定PPSSPPコントロール
  • ブートfat32パーティションに新しいlogo.bmpファイルを追加しました。
  • 起動時にハードカーネルのロゴはもうありません。ガイドラインに従って、これを独自のものに変更できます。

導入手順

導入には最低でも8GBのマイクロSDカードが必要になります。最高のエクスペリエンスを実現するには、16GBのマイクロSDカード以上を強くお勧めします。

SDカードの作成
  • THeRA 2.4 NTFS V2をダウンロードして解凍。
  • Win32DiskImagerEtcherなどを利用してSDカードに書き込み。
  • RK2020にSDカードを挿入して電源を入れます。
  • 初回起動時はパーティション拡張が実行され2回再起動します。
  • Emulationstationメニューが表示されたら準備完了です。
ゲームデータの管理
  • PCにカードリーダなどを使いSDカードを接続します。
  • EASYROMSという名称のドライブがマウントされます。
  • EASYROMS内にあるゲームデバイス名のフォルダーに、各デバイスのゲームROMを保存します。
  • SDカードをRK2020に戻し、電源を入れてROMをロードすれば対応のデバイスメニューが表示されます。

すみません、僕はまだ未検証です。導入して試された方がいましたらフォーラムにご報告いただけるとありがたいです。(他力本願)

でわw

コメント

タイトルとURLをコピーしました