コペンのカーボン製ボディキット めちゃくちゃ格好いいやん!

CAR
この記事は約2分で読めます。
20170715-10268983-carview-000-3-view

Photo / Source : carview

コペン用カーボン製ボディキット『COPEN 400 TDC』発売!

久しぶりの車のお話ですが、ちょっと目を引いたニュースがあったので取り上げてみます。

ダイハツ車のカスタマイズパーツをリリースする「Dスポーツ」が、ダイハツ・コペン用カーボン製ボディキット『COPEN 400 TDC』の発売を発表しました。

装着したスタイルは上の写真の通りですが、なかなか格好良いです。

コペンはボディーパーツを比較的簡単に取り外し可能で、好みの外装パーツにカスタマイズできるのが特徴の軽自動車です。純正状態のスタイリングは微妙でしたが、これは良いと思います。

ちなみに筆者は初代コペンの所有者でした。諸般の事情で売ってしまいましたけが後悔してますよ、スポーツ走行して楽しい車では無かったけど、オープンカーとしてドライブするのは楽しかったですね・・・

現行のコペンも走りの味付けよりもドライブする楽しさに振った味付けだと思います。試乗した事はないですがw

車両込みだと320万円オーバー!

『COPEN 400 TDC』は金属外板を完全に廃止し、全てカーボンカウル、更にシャシーも一部カーボン化!金属外板を完全に廃止することで常軌を超えた軽量化を実現。

常軌超えです!普通じゃないって事ですw

ボディーをぶつけたら終わりですよ?板金して修理はできないので、おそらくパーツ部分を作り直しになります。たしかに常軌を逸してますな ^^;

お値段ですが、車両とボディーキットの塗装まで考えると、基本ローブ車両200万円+外装90万円+塗装40万円だそうです。合計320万円です!

車から購入しようとなるとオプションやらなにやら考えて400万ぐらいになりそうです・・・

まぁ、間違いなくコペンローブを既に所有している方が購入するための商品ですよね。ボディーキットと塗装で130万なら、出せない金額ではないですからね。

ちなみに販売台数は30台だけです。コペンローブオーナーの方は夏のボーナスで購入したらいかがですか?問題は外した純正のボディーを保管できるガレージがあるかどうかですね。

20170715-10268983-carview-001-3-view

スタイリングは超格好良いと思います。リアビューもなかなか良いですね。

純正のデザインがこれだったらもっと売れたんじゃないかな?個人的には小型のスポーツカーが好きですし、販売台数が少ないながらもちゃんとパーツを出してくれるダイハツの姿勢は評価できますね。

人気ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました