自作PCの BIOS を更新したら AURA の不具合が直ったよん。ピカピカ光るPCはロマンだよねぇ~♪

この記事は約4分で読めます。
Z170_PRO_Top_Banner


AURA-sync

去年末、ほぼ知識がない状態から手探りで自作PCを組んだ。

結果としては大満足!メインPCとして利用している・・・

しかし、組み込み当初から問題があった。
どんな問題かというと、マザーボードのLED 発光機能に関する事

マザーボードをLEDで光らせるイルミネーション機能がある。

この機能は、グラフィックボード、メモリ、マウス、PCケースなど・・・
AURA sync 対応製品であれば、LEDを同期し、部品・周辺機器を
ぴかぴかぴかぴかと、神々しく光らす事ができる残念な機能であるw

僕はこの機能がえらく気に入って、本マザーボード購入を決めたw
自作PCと言えば、無駄に光らせたり、ドレスアップしたいよね?

※ 記事内にある商品リンクはAURA sync対応製品です

僕の自作PC AURA機能に関する問題は2点・・・

1.PC起動中の誤作動・フリーズ現象

PC起動中レインボーやフラッシュ設定にして暫く使うと、
LEDが点灯状態でフリーズしてしまう。(フリーズ時の点灯色常灯となる)

PCの操作に問題はないが・・・
AURAアプリケーションがフリーズして、起動出来ない
当然、AURAの設定変更もできない。

正常に戻すには、PCのメイン電源を落としコンセントを抜いて数秒待つ。
これで一旦は直るが、すぐに不具合が起きる。

疲れる・・・ (T_T)


2.電源OFF時、LEDが消灯できない

電源OFF時の点灯モードは、AURAアプリで設定可能だ。
しかし、肝心の消灯設定がない。

電源OFF時に、LEDが常時点灯しているとかなり目障りだ。
ベッド脇からPCが視界に入ると眩しくて寝れないw

仕方がないので、電源OFF時のLED輝度をできるだけ暗くしたが・・・
とても綺麗だが、寝るには目障りこの上ないw

こんな寝不足を我慢してまでPCは光らせたくない!


結局、電飾でぴかぴかにする事は諦めた。
AURA機能の完全OFFは、BIOS設定で可能だ。
しかし、ノーマルより高額なAURA対応マザーボードを購入した意味は皆無だw


満を持してBIOS更新してみた。

自作PCを組み上げ、AURA機能を諦めてから10ヶ月が経った。
もしかしたらBIOSを更新すれば直るんじゃないか?

頭をよぎる事もあったが・・・

BIOSの更新はできれば避けたかった。
トラブルが起きるのが嫌だった。

ネット検索すると、どのサイトでも『自己責任』の4文字がでてくる。
僕は逃げていたのだ、面倒な事から避けていたのだw

今回 BIOS 更新を決断したのは・・・

システム不調で、電源オン時にBIOSが起動する怪現象が度々起きていた。
CPU交換の予定はないが、Skylakeに対応しておきたい。
そしたら、ついでに AURA も直るんじゃないか?

MacにはBIOS更新なんてない!
なんでWindows って、こんなにめんどくさいんだ?

そう言えば Mac にも EFI とか、SMC 更新ってあったかな?
そうか!あれと同じだ!
失敗したとしてもマシーンが壊れるわけじゃない!びびるな俺!
(※ 起動できなくなる可能性はある)

という事で実行を決意。

更新方法はシンプルに、ASUS アプリケーション
EZ Update からおこなった。

ASUSのHPから最新のBIOSファイルをダウンロード
EZ Update でBIOSファイルを選択して実行
自動的にPCが再起動して、書き換えがおこなわれる。

5分も掛からず、あっさりと終わりましたwww

そして、AURAアプリケーションを最新版に更新して起動してみたら・・
不具合が全て解決!電源OFF時の消灯も出来るようになった!

これで思う存分、PCをぴかぴか光らせる事ができます。
寝る時もPCは真っ暗で安眠できます!大満足です。

システム挙動の不安定は暫く様子見ですが・・・
今のところ問題は起きていませんから、改善されたかもしれませんね。

まとめ

長々と中身のない文章を書きましたが、結論は2点!

1.BIOS 更新は簡単だ!恐れるな!

2.やるなら自己責任! w

コメント

タイトルとURLをコピーしました