Taptekキーボード使用3日目! 結論としてキーボードとしては糞だ! インテリアとしては悪くないw

Gadget
この記事は約4分で読めます。
ニトロです!
なんと今日もTapptekキーボードについて記事を書きますw
それだけこだわり?愛着があるのか??
なにせモノがキーボードなので、必然的に記事を書く事になるってだけの話なのだがw

過去記事はこちらから : Taptekキーボード

Taptek
僕は自宅で自作PCをメインに利用しているが・・・
思い切って愛用していたRazerのキーボードをPCから取り外しTaptekに完全にチェンジしてみた。
良かったと思った事は・・・とにかく机の上が広くなったという事。
いつもRazerのキーボードはでかくて邪魔だなと思っていたけど、Taptekなら自由に動かして好きなポジションで入力できるし、机の角に移動すれば作業スペースも確保できる。
製品自体の見た目・質感も良く、必要最低限で効率の良い道具っぽさが気に入っている。
ただね・・・

Taptek の問題点

まだ使い始めて3日目ではあるが、個人的に問題点がハッキリしてきた。

① キートップに触れるだけで入力される。

使い始めてすぐに気がついたのだが、とにかく反応が機敏過ぎ、キーストロークも浅いのでキーを押し込まずに入力されてしまう事象が頻繁に起こる、正確な入力作業ができない、キーボードしては致命的な欠点である。
ただ、Twitterで「Taptek」で検索すると、絶賛している人も多いみたい?だが・・・

② 打鍵音が不快。

メカニカルキーボードの醍醐味は打鍵音だと言っても言い過ぎではないと思うのだが・・・ Taptekのピチピチと言う甲高い打鍵音は気持ちの良い音とは言えない。
小型なので甲高い音になるのは仕方がない? ある程度理解はできるが、こだわりの製品なのではないのか???

③ Windowsの場合はdeleteキーがなく不便

キーボードにはDeleteキーは存在するが、Windowsの場合はBackSpaceとして機能する。
僕は昔からのMACユーザーなので、deeleteキーとBackSpaceキーの違いを知らなかったwww 今はWindowsも使っているが、あまりWindowsでDeleteキーを使う機会もなかったし困る事は無いだろうとたかをくくっていたのだが・・・
トレーディングビューというトレーダーのサイトで、ラインを描画して削除する際にDeleteキーを使わないと削除できない事に気がついたw MACならDeleteキーで消せる、しかしWindowsの場合はBackSpaceとして機能するDeleteキーでは消せない。。。。これは困った。。。
fnキーと同時押しでいけるのかと思いきや、だめらしい。。。 現状はマウス操作で消しているが、解決策があるなら誰か教えて欲しい。
解決策ではないがMAC専用にすれば問題はないw

④ 右側のShiftキーが小さすぎる

右Shiftは小さすぎて使いづらい、これはTaptek所有者の総意のようだが・・・ 僕は右手でShift操作はほぼ使わないので、それほど問題とは思ってなかったりするw
むしろ、このShiftキーをDeleteキーに割り振りたいって感じだ。

まとめ的な事

Taptek2
使用開始から3日目にもかかわらず辛口に批評するが。
キーボードとしては、まったく駄目な製品であるw ストロークが浅く、誤入力は起きるし、打鍵音も気持ち悪い、メルカリでTaptekを検索してみれば分かるけど、すでに使いづらいと売りに出してる人もいる。
だけど、見た目が良いのでインテリア性を重視するのであればアリだ。
結局のところ、使っていれば慣れてしまい我慢できないレベルではない、僕は見た目の良さ、机の上がスッキリする点をポジティブに捉える事にしている。
そしてできればMAC用として使うべき製品で、Windowsにはあまりおすすめできない。
キーボードとして性能が伴っていれば、神キーボードだったのに。
なんとも惜しい製品だなと思う。

人気ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました