Taptekキーボード使用開始2日目! 感想などを記事にしてみたぞ!

Gadget
この記事は約4分で読めます。
まいどニトロです!
さぁ、Taptekキーボードをレビューするぞ!w
使用開始2日目であるが、だらだらと特徴やら購入した理由などをまとめてみる。

過去記事はこちらから : Taptekキーボード

Taptek
クラウドファンディングサイト「Makuake」で支援者を募り、購入者が4003人も集まった人気のプロジェクトだ。MACとの親和性を重視したキー配列、小型のメカニカルキーボードである事が大きな特徴。
僕はインスタのタイムラインでTaptekの広告を見て興味を持ったが、ネットメディアなどを使い広範囲に広告・拡散を上手くやっていた印象だ。
簡単に機能と特徴をまとめると
  1.  青軸メカニカル小型キーボード
  2.  Bluetooth・有線接続対応
  3.  MAC・iOS・Windows・Android 対応
  4.  3台のデバイスの登録が可能
  5.  1800mAhバッテリーを内蔵
  6.  Nキーロールオーバー(複数キーの同時押し可能)
  7.  19パターンのRGBバックライト
ありそうで無かった、ガジェット好きに嬉しい製品になっている。

ちなみにクラウドファンディングの支援者募集は終了、現時点では入手する手段がないが、そのうち市販するかも?

僕がTaptekキーボードの購入を決めた理由

僕がT購入を決めた理由は主に5点・・・
① 小型で省スペース
Razerのフルサイズキーボードを使っていたが、フルサイズは場所を取って邪魔! 個人的にはテンキーが必須ではないので小型な方が好みらしい。
② Bluetooth対応
Razerのキーボードはぶっとい有線だが、とにかく取り回しがしづらくてシンプルじゃないw せめてキーボード本体から脱着できるコードだったら良いのに・・・ 僕はあまりゲームするわけじゃないし無線のほうが合っている。
③ メカニカルキーボード
Razerのキーボードの良かった点は、打鍵音や打ち心地、入力のしやすさ、メカニカルキーボードって素晴らしいじゃなじかw
④ MAC/Windows 両対応
MACとWindowsを所有しているので、キーボードを1台にまとめられるのはかなりのメリットだ。Taptekは正式に両対応なので利便性に犠牲が発生しない。
⑤ マルチ端末の簡単切り替え
MacBook ProとWindowsの2台を使うにあたり、キーボードやマウスを共有できる Share Mouse というアプリでネットワーク内の端末をソフト的に制御して使っていた。便利ではあるのだが遅延などの問題がある。Taptekならショートカットで簡単に3台の端末を登録して切り替えも簡単だ。
長々と書いてみたが、必要最低限シンプルな構成で、机を広く使いたいって事であるw

購入したTaptekキーボードの詳細

detail_5897_1551223525.jpg
本体カラーはスペースグレイにしてみた。
白はいかにもMAC純正っぽくて良いけど汚れるからねw
detail_5897_1550629701.jpg
キーキャップレイアウトはMAC用のoption/Commandキーを選択。
どちらかと言うとWindowsで使う事が多そうだけどw 一応 MacBook Pro 用途として考えた。

IMG_0973.jpg

なぜか専用ケースを2,980円も出して追加オーダーしてしまった。
キーボードを外に持ち出す気などないので無用の長物であるwww
正直言って、2,980円と高価な割に作りは微妙である事を付け加えておくw

使用開始2日目の感じは?

TwitterなどでTaptekを検索すると、到着した人がたくさんツイートしていて、打ち心地が最高です的な感想が多いのだが・・・ 僕はそうは思わない。
メカニカルキーボードの押し込んで戻してくる感じはあるが、軽く触れるだけで押し込まずに入力がされてしまう残念な感度のキーも存在する。そして打鍵時の甲高い「カチカチ」音も耳障りである。
とはいえ、打鍵音とキータイプ時の緩さ?過敏さ?に違和感はあるのだが・・・・
はっきり言って慣れてきている自分がいるwww 人間は順応が早いのである。
むしろ、特別なキーボードであるという喜びが大きいのも事実で、好きか嫌いかと言われると・・・・
しゅき♡ wwww
まぁ、もう暫く使ってみて自分の手にどれだけ馴染むのか?
このシリーズはしつこくブログ記事にするつもりだ。。けしてネタが無いわけではない。


RK71 ゲーミングキーボード キーボード ワイヤレス,71 キー RGB 発光LEDバックライト付きUSB/Bluetooth 3.0両対応 多機能 メカニカルキーボード 茶軸 ブラック

人気ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました