iPad Pro 2021用 Apple Magic Keyboard の新色『白』が届いたので軽くレビューしておくぞ

APPLE
この記事は約4分で読めます。

ニトロです。

新型 iPad Pro と 周辺機器関連の注文をした事を記事で書きましたが、昨夜 Magic Keyboard が最速で自宅に配達されました。

専用端子なので旧型 iPad Pro では動作確認できないわけですが・・ 

今回は、レビュー記事ってほどではありませんけど、手に入れた感想と質感などについて軽く記載しておこうと思います。

郵便ポストに無理やり配達されてたw

Magic Keyboard は Amazon で注文したんですが、荷物は郵便ポストにぶっ刺してあって、配達が完了処理されておりました。おぃおぃ、¥42,000 もするんですけどーwww

よく見たら外箱も潰れてるし・・・ マジでやられたわ。

Amazonで小型かつ高額な買い物するのは怖いっすね・・ まぁ、クレーム入れれば直ぐに返品交換できるとは思うけど、中身が無事なら別に構いません。

中華製のデバイスを購入したら、ボコボコに箱が凹んでるなんて事多いですしwww

カラーは新色の白を選択しました。

iPad Pro 本体のカラーは、スペースグレーを選択したんですが、Magic Keyboard新色の白にしました。おそらく、色合い的にiPad Pro本体はシルバーを選択する方が良いみたいですけどね。

Magic Keyboard の現物は思っていた以上に『』です、Apple製品なので質感も最上級と言えるレベルですね。当たり前だけど、白色なので、ちょっとした事で汚れが付着しそう、ガンガン使いたいなら黒の方が良いかもです。

表面とキーボード部はしっかり掃除できそうなので、拭き掃除の頻度を増やせばある程度は美しさは保てると思いますよ。

キーボードはUS仕様です

僕は、使用中の MacBook Pro ・ iPad Pro どちらもUSキーボードです、というか、過去に所有していたApple製品は、ほぼ全てUSキーボードを愛用しておりますし、メインの Windows PC もUSキーボードを使っております。

日本語キーボードの方が、日本語が入力しやすいのは間違いないんですけど、USキーボードに慣れてしまっていますし、見た目の美しさが好きです。

打鍵感がかなり良くて、クリック感もしっかりあります。下部中央にトラックパッドがあるので、ノートPCに近い操作感で使用できる・・ ブログ記事の執筆はもちろん、写真加工や動画編集などもある程度はストレスなく出来るかもしれません。

早くiPad Proとセットで使ってみたいですな。

ヒンジとUSB-Cポート

ヒンジは2箇所あって、iPad Pro 本体を浮かして、一定の角度にも調整が可能なギミックとなっていますが、思っていた以上にしっかりしています。

可動領域は広くないので、ノートPCに比べると自由なモニターのポジションはセットできないかもしれません・・・ この点もiPad Pro本体が届かないと使用感はわかりません。

本体左側のヒンジ部にiPad Pro 本体の電源供給専用のUSB-Cポートがあるので、本体のUSB-Cを他のデバイスなどを接続しても電源供給は可能です。

とはいえ、iPad Pro自体がかなりバッテリー保ちが良いんですけど、無いよりは圧倒的ある方が良い機構とは思います。

重量はかなりある?

12.9 インチ用の Magic Keyboard の重量は700gもあり、iPad Pro本体にセットすると1.4kgと、ちょっとしたノートPCより重たいぐらいになるのがデメリットです。

僕自身は重たいという事前情報がインプットされていたので、そんなに重たくないじゃんと感じましたけどねw 完全体になった時に気持ちがどう変化するか楽しみです。

一応、キーボード無しで外に持ち出すために、安価な純正模写ケースを購入しましたが・・ 旅行などの際は、ソフトウェアキーボード利用であっても12.9インチなら大きな不満にならないんじゃないかと思っております。

そして、iPad Pro 本体到着は・・・ 一ヶ月後の予定ですwww もちろん、到着したら、また記事を書くつもりです。

でわw

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました