iPhone7に必須!Bluetoothイヤホンについて語るのだ!!

APPLE
この記事は約3分で読めます。

iphoneset29V9A1723_1_TP_V

🎧 iPhone7にはBluetoothイヤホンです。

iPhone7にはイヤホンジャックがなくなったため、イヤホンについてどうするのか考える必要があります。1.音質の悪い付属のlightningイヤホンを使う。2.付属の糞ダサい変換アダプタを使って大量に出回っているワイヤードイヤホンから選ぶ。3.Bluetoothタイプの無線イヤホンを使う。

おそらく、来年発売されるであろう・・iPhone8(7Sかも?)では、lightning端子はなくなってUSB-C端子に変更されているはずです。iPhone7は仕様変更の狭間に発売された中途半端な機種なのです。AppleがUSB-C接続方式のイヤホンなんて出してきたら、iPhone7では使えません。2年後にiPhone7はオワコンです。間違いありません。まぁ、2年おきに機種変更してるので大した問題ではないですがね・・

とにかく、超高音質にこだわりたいなら、まずはハイレゾ対応の専用音楽プレイヤーを購入して、その機種にあった高音質なヘッドホンを買うべきです。

iPhoneはそこそこの音質で聞ければいいじゃん!って事で、俺はBluetoothイヤホンをおすすめします。

🎧 Bluetoothイヤホンのメリット

満員電車の会社通勤でワイヤードイヤホンしてると、隣の人の鞄や服のボタンに引っかかります。引っ掛けてる側は引っかかってる事に気がつかずに電車を降りようとします。この事案で降りたくない電車を降りた経験ないですか?

自分の経験ですが、耳がもげるんじゃないかと危機感感じた事もありますし、高額で買ったばかりのイヤホンが破損するなんて事もありました。こういう事が月に一度ぐらい起こるんですよね。東京の満員電車はヤバイっす

とにかく、紐がぶらぶらしてると危ないんです。。。Bluetoothタイプならこのストレスから完全に開放されます

🎧 Bluetoothイヤホンのデメリット

1.定期的に充電しなければならない。
定期的な充電・・通勤で毎日2~3時間使うなら、2~3日に一回は必要です。たまに充電忘れて音楽が聴けない事があります。イヤホンは持ってるのに音楽聴けない虚しさといったら無いですよ。

2.電源スイッチを入れなければならない。
ワイヤードタイプであれば使う時にイヤホンジャックに刺すだけ、この当たり前の簡易さにはかないません。電源入れ忘れ再生ボタン押したら内蔵スピーカーから音が出てるなんて事があります。本体から音が出てることに気が付かず、『音が小さいなぁ』と思い、さらにボリュームを上げて大音量で内蔵スピーカーから再生されて白い目で見られた事が・・^^;


3.音質が悪い・遅延がある
音質については使う製品によっても違うし、人の耳の形状や、個人差があります。ワイヤードタイプでも音が悪い物はたくさんありますので・・それよりも気になるのは音が遅延する事ですね。音楽を聴く分には気になりませんが、動画視聴やゲームの場合違和感を感じる事があります。

🎧 売れてるBluetoothイヤホン

🔵 TaoTronics Bluetooth 4.1ステレオイヤホン

俺が使っているBluetoothイヤホンです。
Amazonで値段は2,699円なので安いわりに低音も良い感じです。


🔵 SoundPEATS Bluetooth イヤホン

 

価格は2,899円 Amazonのユーザー評価が高いです。
収納ケースもついてるし、見た目もお洒落なのでよいかもしれません。


 ⚫ TecBillion 2in1 usbケーブル
 


これは2in1のlightningケーブルです。
充電器と一緒に会社や自宅に置いておくと、iPhoneもイヤホンも充電できます。
ケーブルを何本も持ち歩くよりスマートです。 



コメント

タイトルとURLをコピーしました