Beats Solo3 Wireless 製品レビュー、思ってた以上に満足するヘッドホンだった。

APPLE
この記事は約5分で読めます。
IMG_7051

音楽を聴きながら洗車したいというふざけた理由だけで、高額なBeats Solo3 Wirelessを購入して、早速商品が到着したので、今回は開封と製品のレビューです!!

以前の記事 ⇒ Beats Solo3 Wireless 衝動買いしてみた!なぜ買ったのか?

外箱 - Outer case 
IMG_7052
外箱はとてもオシャレ、そして想像していたよりもコンパクトだった。去年の年末に購入したSteelSeries Siberia 200の外箱の1/2以下だと思う。


購入した色はブラック、SPECIAL Editionと記載されているが、限定じゃないよね。おそらく・・・


開封 - Unboxing
IMG_7053
内箱を保護するための外側カバーをスライドさせてBeats Solo3が収められた箱を取り出す。Apple製品と同様の質感を感じるが、Appleほどシンプルではない。


黒箱にアクセントの赤色を配色、中央にBeatsのロゴが配置された質を感じる外箱で、なかなかの存在感だ。確実にしばらくは保管してしまうと思うが・・結局は使わずに数年したら破棄するだろうw
IMG_7055
Beats Solo3の本体はキャリングケースに収納された状態で内箱に収められている。
本体下には、取扱説明書、ユニバーサルUSB充電ケーブル、RemoteTalkケーブル、キャリングケース用のカラビナが同梱されている。
質感 - Texture
IMG_7056
Beats Solo3の本体は折りたたみ構造となっているオンイヤー型で、とても小さく、軽く、めちゃくちゃ格好が良い。


相当なお高いお値段のヘッドホンなので当たり前といえば当たり前だけれども、プラスチックな外観のわりに質感がとても良い。


購入したブラックは、つや消しマッドでいっそうクールな雰囲気だと思う。本体ロゴも薄っすらと『b』が見える控えめさがよい感じだ。

IMG_7057
Beats Solo3には、グロスブラックという別色のツルピカブラックもあるが、この色はツヤツヤで、ロゴもシルバーが主張する感じのデザインだった。


俺はおっさんなので控えめな方が好き、フォーマルでも、カジュアルでも、品がよく見えるのはこのブラックだと思う。ちなみにiPhone 7もブラック所有者である。


キャリングケースもカラーによって添付品に違いがあるようで、ブラックに添付されていたキャリングケースは、本体と同様にロゴが目立たない物だった。


装着感はとても良好、軽いし、締め付けすぎる感じもない、イヤーカップはふわふわのぐにょぐにょ。。肉球のようですw

機能 - Function

IMG_7061
Beats Solo3 の最大の特徴は、効率の良いワイヤレス接続を可能にするAppleの無線チップW1を搭載しているって事。


W1チップ搭載で良いことはなにか?おそらく最大の恩恵としてはバッテリーが満充電から最大40時間(旧型は12時間)の連続再生が可能になったこと、そしてバッテリーが切れても5分充電すれば約3時間の再生ができる(Fast Fuel機能)


そして、iPhone/iPad/Apple Watch/MacなどのApple製品デバイスと同時接続に対応、iCloudで紐付いている端末なら、どれか一つの端末でペアリング設定すればすべての端末で利用が可能になる。


これのおかげで、音源ソースを端末側から変更すれば、再生を止めなくても切り替わってくれるので便利です。


iPhoneとのペアリングはAir Podsとほぼ同様の手順でおこなえる、Beats Solo3 の電源を入れればiPhoneの画面にBeats Solo3が表示されるので『接続』ボタンを押すだけで完了。めちゃくちゃ簡単。さいこー!


そして、Bluetooth 接続で発生
する遅延なんだけれども・・・ おそらく、いや・・あきらかに通常のBluetooth接続のスピーカーなんかよりも遅延は少ないと思います。これはW1チップのおかげなのか?詳しくはわかりません・・・


あっ、だけど遅延は微妙にありますけどねw


そして、左耳側のオンイヤーコントロールボタンで、ボリューム調整・再生・停止・曲送り・Siri起動などなどの各種操作、当然、電話を取ったり、通話する事もできます。


音楽聴きながら洗車するためにと、しょうもない理由で購入したけれども・・・想像以上に良いモノでした(^^;

音質 - Sound quality
IMG_7062

Beats の音質は最低だ!ってのが巷の評価なんですがね・・・


Beats Solo3 の音を聴いた正直な感想としては、『ふつう』www 正直言って音が良いなぁ~ とは思いませんでしたが・・・ 悲観するほど悪くもないです。


ピュアな音質ではないけど、ロックやHIP HOP系の曲を聴くには悪くないと思いますよ。むしろ、しばらく聴いてると聴きやすく感じてしまうから不思議です。


言葉で説明が難しいですが、こもり気味の音と言えばいいのか?しかし、好みは人それぞれです。これはBeatsの個性なのでネガティブな問題ではないです。


音質に徹底的にこだわるのであればこの製品は止めたほうがいいでしょう・・・3万円出すなら高音質ヘッドホンの選択肢はたくさんありますからね。

まとめ - Summary 

Beats のヘッドホンは音が悪いって評判を読んだり、聞いたりして、ビクビクしていましたが、結果として悪いとは思いませんでした。もしかしたら、旧製品は糞なのかもしれませんがwww


Beats Solo3 Wireless は、Air Podsに比べれば圧倒的に音質も良いです、左イヤーカップ部にあるボタンで操作もしやすいです。


うどん耳よりもルックスは圧倒的におしゃれなので、iPhone 7のユーザーの方は一度検討する価値があります。


質感があり、コンパクトで機能性が高い、そして長時間使えるワイヤレスヘッドホンである。そして、格好良くてファッションアイテムとしても抜群です、なによりも俺は所有する喜びが感じられる製品が大好きです。

 

人気ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました