Appleの開発者向けイベント「WWDC 2019」で発表された新型Mac ProとPro Displayについて

APPLE
この記事は約4分で読めます。
まいどニトロです。

Appleの開発者向けイベント「WWDC 2019
あまり注目していなかったんですが、新型のMac ProやPro Displayなどハードウェアの発表もありました。

今更感がありますけど、発表されたハードで個人的に思った事などをまとめてみます。


MACPRO
従来の小型ゴミ箱デザインから退化?
大型筐体になり、内部のパーツはモジュラー型に変更、あとからアップデートが簡単になりました。

良い点は・・・
将来的にアフターパーツなどを追加したり、交換したり、いわゆる自作PCのようにいじくり回せる事にあります。この変更はシンプルに歓迎すべき点だと思います。

Mac大好きな人、クリエイターな人、にはとても良いと思いますが・・・ 

デザイン

MACPRO2
個人的に「デザイン」はヤバイと思いますw 
フロント部が蓮コラかよみたいな悪口をネットで見かけますけど、本当にそう思いますw Power Mac G5の方がデザイン的に良かったんじゃないかなと思いますけど、どうでしょうかね?

まぁ、プロ用のハードで一般的には机の下に設置するはず、デザインは二の次とは言っても、なんとなくもやもやする姿・形であります。


価 格

最低構成でも6000ドルらしいです、とてもじゃないけど庶民が買える価格じゃありませんw 60万円だすならMacBook Proを購入する方が一般人は間違いなく幸せになれるでしょう。
結局ユーザーが何をしたいかによって価値も変わりますしなんとも言えませんが、ゲーミングPC的な感覚ならば60万の予算で自作PCを組んだほうが幸せかもしれません。。。

もし買うならば・・・最低構成を選択して、好きなアフターパーツを後付してカスタマイズするのが良いと思いますが、実際にアップルストアで構成パーツの価格を見ないと結論がだせません。

こうすれば売れるんじゃね?と思った事

ケースデザインは、大根おろしデザインがあっても良いけど、いくつかの選択が可能なデザインを用意してくたらモチベーション上がったよね? ぶっちゃけさ・・・ ケースはATXケースでも良いわけでしょ?w

ケースデザインの選択 → GPU選択 → ストレージ・メモリーの選択 で、カスタマイズできると楽しい!

ケースデザインは中身が見えるガラスケースのオプションがあって、構成部品はLEDで光らす事が可能とか?まさにゲーミングPCになるけどwwww

あと、現行機のゴミ箱デザインのMac Proだけど、価格を20万円ぐらいにしたエントリーモデルを出せば売れると思うんだけどどうですかね?w 

個人的にはデザイン好きだし、机のスペース的にも旧型の方が欲しいけどね。


Pro Display XDR

Pro Display XDR
32インチ 6K  Retina 縦向き可能というスペック、みんなが待ち望んだ純正ディスプレイです。
デザイン的には悪くないんだけど、背面の「蓮コラ」が生理的に受け付けない人もいそうですw

Macと接続して使う上では利便性で最高の逸品になる事は間違いないんです、スタンドを外してモニターアームで利用できるなら購入を検討したくなるかもしれません。

ただし問題はお値段で、4999ドルと、Apple税のせいか?それだけの付加価値があるのか?とても判断に苦しみます。


残念ながら、よほどのお金持ちかあぶく銭が入らないと・・・
おいそれと買える商品ではありませんね。


結 論

仕事や、クリエイターの人、作業の効率を上げたい人は迷わず買え!少し高いけど気にするな!

Apple・Macが好きだからデスクトップも欲しいとか、物欲的な思考の人はちょっと考え直した方が良いと思う・・・ お金に余裕があるなら別にいいんだけどw

僕はですね。。。
買いませんじゃなくて、買えませんね。はいw

Apple MacBook Air (13インチ, 1.6GHzデュアルコアIntel Core i5プロセッサ, 128GB) - スペースグレイ
Apple(アップル) (2018-11-07)
売り上げランキング: 4,555



コメント

タイトルとURLをコピーしました