AceFast ワイヤレスイヤホンは・・・ 気を使わない毎日の必需ガジェットとしてお薦めです。

Audio & Visual
この記事は約6分で読めます。

ニトロです。

イヤホン、ケーブル、無線充電器など関連用品などの販売をおこなう AceFast と言うメーカさんから、同社のワイヤレスイヤホンのレビュー依頼を受けました。

あまり馴染みのない名前ですが、それもそのはず、最近日本市場に進出したばかりとのことらしいです・・ 未知のメーカってことで、少し興味が湧いたのでレビュー依頼を受けてみました。

レビュー用サンプルをご提供いただきましたが、率直な感想を書きたいと思います。

ACEFAST T1 ワイヤレスイヤホン

ざっくり特徴

まずは、ざっくりとした特徴ですが、ずばり「安価」なのが最大の特徴ですw そして、ノイズキャンセリング、IPX7防水、タッチ操作、などが目を惹きます。

3,000円で完全ワイヤレス、さらにノイズキャンセリングがあって、IPX7防水??? どんだけ価格破壊だよって思います。

スペック

以下は Amazon の販売ページに記載してある製品仕様です

通信方式:Bluetooth 5.0
連続再生時間:約5時間(イヤホン単体のみ)/ 最⼤25時間(充電ケース使⽤時)
充電時間:約1.5時間(イヤホン) / 約2時間(充電ケース *USBケーブル使用時)
防水規格:IPX6
充電ポート:Type-C
対応機種:iOS/Android/WindowsなどBluetooth機能搭載のデバイス

Amazon の販売ページを確認するだけで、色々と突っ込みたくなる事が多いわけだが・・・ まず、Bluetooth 5.2 なのか、5.0なのか・・・ 画像と仕様表の記載が異なるw 防水も IPX6 と IPX7 で表記が異なる

IPX7は、30分水に浸しても影響がないというレベル、表記ミスはユーザーとトラブルになりかねない。

ユーザーズマニュアルにはBluetooth5.0と記載、防水規格については外箱の裏にIPX6と記載されているが、そもそも防水性能があるのかすら疑わしく感じてしまうwww

AceFast さんに確認したところ、広告に使用している画像は誤記であるため、修正をおこなうとのご連絡をいただきました。

開封の義

それでは、実際に開封していきたい。

パッケージ

パッケージは安価な製品の割にはしっかりしていて、白地にロゴなどがグリーンで描かれている。

背面に商品写真と、添付品の詳細やスペックなどが英語で記載されている。

内容物

蓋を開けてみると、さらにスタートガイドが蓋をしているw まぁ、これは丁寧な感じなので好感触です。

スタートガイドは多国語版で、日本語のページは5ページで構成されています。

付属品は、充電用のUSB-Cケーブルと、イヤーチップ(S・M・L)がパッケージ内の紙製の箱に収納されています。

USB-Cケーブルは短いものが付属、イヤーチップは本体にMが取り付けてあり、SとLが付属します、イヤーチップの手触りは、安っぽい感じです。

収納ケースとイヤフォン本体

安価ですが収納状態は良好、ユーザーの満足感が得られる印象を受けます。

取り出した本体ケースのデザインは AirPod Pro に似ています、見た目の印象は悪くないです。

しかし、触感はやはり安っぽさを感じるプラスチックで、蓋の合わせ目などの滑らかさがありませんね。ケース蓋は AirPod と同じ構造でマグネットで閉じます。

イヤホンもちょっと安っぽいプラスチック感を感じますが、成形の品質はそれほど悪くはありません。デザインは AirPod Pro っぽいですが、うどん部は少し長いですかね。。。

イヤホンを取り外して収納すると、ケースのバッテリーインジケータが点灯します。

イヤホンもケースに入れると充電状態を示すLEDが点灯します、満充電になると白く点灯するみたいですね。

安っぽさは否めませんが、ビルドクオリティー自体は悪くないですし、販売価格を考慮するとよく出来ていると言えます

ペアリングと操作

iPhone 11 にペアリングをおこない、操作などを試してみた。

ペアリング

純正の AirPod とまではいかないが、ペアリング自体は簡単で、ケースからイヤホン本体を取り出すとペアリングモードになり、iPhone のBluetooth設定から「ACEFAST T1」を選択するだけでペアリングは完了する。

耳に装着すると「CONNECT」と英語でアナウンスされ、使用が開始できる。

操作

基本的にイヤホン本体L・Rのどちらでも操作が可能だ。

音楽の場合は、イヤホンの背面をタップすると再生・停止右イヤホンをダブルタップすると曲送り左イヤホンをダブルタップすると曲戻しとなる。

電話の応答は、イヤホン背面をタップすれば応答ができる、電話を切るときもタップでOK、さらに受話拒否したい場合には背面を二秒間長押しする。

操作を覚えると意外と使いやすいが、センサーが敏感なので誤操作も起きやすい、また、音量調整はイヤホン本体で操作はできない。

ちなみに、三回タップするとiPhoneではSIRIが起動したので、「シリ!ボリューム下げて!」と言えば音量調整はできなくはないwww

音質

イヤホンなので、一番重要なのは音質だと思うが・・・

付属のイヤーチップだと率直に言って音が良いとは言えない、中低域が弱く、高域の音が強調されていて、言葉で表現するならキンキンする音だったが、イヤーチップを SpinFit に交換してみたら劇的に音質が良くなったw

付属のイヤーチップの質が悪いのか、僕の耳に合わないのか? 耳に合う良質なイヤーチップで、遮音性を高める事で低音に迫力が増し、外音も遮断されるので、イヤホンの性能差以上に効果があるのでお薦めだ。

話を戻すがw AceFast のイヤホンは、通話や、ラジオ・ポッドキャストなどの視聴用であれば、まったく問題なく利用ができそうだが、良い音で音楽を楽しみたいと言う事であればイヤーチップ交換などを検討した方が良いかもしれない。

それと、ノイズキャンセリングについてだが、僕には明確な効果を感じる事はできなかった、イヤホンを付けたり外したり、片耳だけ装着したり、音を出したり消したり・・・ 本当にノイズキャンセリングしているのだろうか????

まとめ

最後に AceFast の良い点と悪い点でまとめです。

良い点
  • とにかく価格が安い!
  • スマホなどの接続がスムーズ!
  • 納得の音質、コストパーフォーマンス!
悪い点
  • 若干安っぽさを感じる質感
  • ノイズキャンセリングは本当にあるの?

はい、こんな感じだろうか?

とにかく、性能・機能で考えると価格は相当安く、同機能のイヤホンの中では最安価、本日時点ではAmazonで1000円 OFFクーポンが適用できるので、2,580円という信じられない価格で入手可能だ。

毎日、通勤・通学でイヤホンを愛用している方にとっては、イヤホンは消耗品だと思うし、ホームで落としたり、無くしたりするぐらいなら、普段は安価なイヤホン使うほうが賢いと思いますよ。

毎日使う、気を遣わない必需品のガジェットとして、おひとつ如何ですかね?

コメント

タイトルとURLをコピーしました