eMeet NOVA は、性能よし。価格も安い。ウェブカメラ1台いっとこう!レビューです。

Camera
この記事は約7分で読めます。

まいどさんです、ニトロです。

先日、eMeetさんのスピーカーフォン「OfficeCore M0」をレビューいたしましたが、テレワークの必需品となっているWEBカメラもご提供いただいておりましたので、満を持してレビュー記事をあげさせていただきます。

実は放置していた疑惑もある。笑

それにしても、WEBカメラもコロナ禍によるニーズの急騰で価格が高騰したわけですが、最初に結論を書いちゃうとeMeet製のWEBカメラ「eMeet NOVA」は安価なのになかなかの高性能でしたよ。

昨今はオンライン会議や打ち合わせが当たり前になっていますので、自宅PC用にひとつ検討してみては如何ですかね? 顔を見ながら話をしないと仕事が進まないのは事実ですしね。

なんで仕事用のガジェットに自腹切る必要があるねん!なんて思っちゃだめ。笑

eMeet社について

あまり馴染みのない会社名かもしれませんね・・・ eMeet社は中国深センの企業で、スマホメーカーのHUAWEI、スピーカーのHarman、中国電気機器メーカーのTCL、中国音楽関連企業のKugou等のIT業界出身の人たちによって組織された企業だそうです。

人工知能技術を音声業界で活用するために、今までの概念を覆し、更に高品質な音で自由にコミュニケーション出来る様になることを目指してるとの事です。

ちなみにeMeetの製品は日本でも、amazonや楽天などのネットショップ、大手量販店でも数多くの製品が販売されておりますよ。

ウェブカメラ「eMeet NOVA」について

About eMeet NOVA

eMeet NOVAは、WindowsやMACなどに接続して利用する、いわゆるウェブカメラ製品で、SkypeやZOOMなどのビデオ通話アプリケーションで利用できるガジェットです。

本体にはカメラとマイクが内蔵されているので、USBで接続するだけで給電もおこなうので簡単かつシンプルにビデオ通話環境を整える事ができます。

なお「eMeet NOVA」はeMeetウェブカメラのラインナップの中で、最も安価なエントリーモデルとなっています。

特 徴

  1. 【200万画素&30fpsによる高画質】
    最大解像度: 1080p/30fp 有効画素数:200万画素 クリアかつ滑らかな撮影が可能。
  2. 【内蔵ステレオマイク】
    本体正面の左右にVoiceIATM「エコーキャンセルリング技術」を搭載したステレオマイクを内蔵し、リアルで高音質な集音が可能。
  3. 【広い画角:4層高性能光学レンズ】
    カメラは左右360度、上下は40度まで可動、画角は驚きの75°。
  4. 【プラグアンドプレイ】
    USB接続によるプラグアンドプレイ・簡単接続・給電。
  5. 【各種OSに対応】
    Windows、macOS、Chrome OS、Linux、Androidに対応。
  6. 【ビデオ通話アプリケーション】
    Skype、Googleハングアウト、Amazon Chime、Face Time for Macなどのビデオ通話をサポート。

スペック

最大解像度1080p/30fp
有効画素数200万画素
内蔵マイクステレオ VoiceIATM「エコキャンセルリング技術」搭載
三脚対応ユニバーサルクリップノートパソコン、LCD/モニター用、三脚にも取り付け可
カメラ画角75°
レンズ4層高性能光学
USB接続プラグアンドプレイによる簡単接続。
本体サイズ98mm × 65mm × 48mm
ケーブル長1.5m

パッケージ内容

外箱

eMeet NOVAのパッケージは「OfficeCore M0」と同じ白と青を基調にしているようで、上部にeMeet NOVA本体の写真と機能を示すアイコン、背面及び全面に英語による説明が記載されたパッケージ、蓋を開けるとおなじみの「Tahnk you for choosing EMEET」とメッセージが見える仕掛けです。

色使いがなかなかおしゃれですし統一感があって良いですね。

付属品

本体以外の付属品はユーザーマニュアル・安全の手引き・延長保証カードの3種類の冊子で、ユーザー登録をおこなう事で保証が1年延長(合計2年)されます。

ユーザーマニュアルは7カ国語となっており、もちろん日本語でも記載されております。ちなみに中国製品でよくあるおかしな日本語表記ではありませんでした。

使用してみた感想

eMeet NOVAは、Windows、macOS、Chrome OS、Linux、Androidに対応しております、USBで接続するだけですぐに利用が可能です。

僕はPCとMACで動作確認をおこない、映像などは主にPCでテストしました。

eMeet NOVA 質感

本体ケースは樹脂製で全面のカメラ部はアクリルで覆われていてテカテカしています。ヘッドとスタンドの可動部はしなやかに可動します、緩くはなくしっかりと力を入れて動かす感じでホールドも良い感じです。

スタンド部はゴムで覆われているのでモニターに設置した際の擦り傷やズレの防止ができるようになっています。残念なのはUSBケーブルが本体に直に出ていて取り外しができない点ですね。

全体的にチープな感じはありませんが高級感があるというほどでもない仕上がりと言えます、エントリーモデル製品ですし合格点ではないかと思います。

設置感

ウェブカメラはモニター上部に設置する事が多いと思いますが、eMeet NOVAをモニター上部に設置してスタンド部を動かしてアングルが決められる一般的な構造になっています。少し気になったのはモニターの引っ掛け部が9mmぐらいあるのでベゼルが薄いモニターの場合は映像部に干渉するかもしれませんねぇ。

スタンド背面には三脚穴がありますので、GoPro用などのミニ三脚を使って自由に机の上に設置する事も可能です。

映像

eMeet NOVAは4層光学レンズ搭載で室内などの暗所に強く、画素数は200万画素、解像度は1920p×1080p CMOSセンサーを搭載、78°の広角となっております。

まず僕が最初に感じたのは「かなり広く写る」って事で、広角で映像を捉えてくれます。ただし、これはメリットでもあり、デメリットでもあります。なにせ部屋全体が写っちゃうのでビデオ会議などの際に見られたくないものが写っちゃうかもしれません。

僕はこの視野角は好きですけどね、狭い部屋も広く見えますよw

この広さで撮れるのが魅力でもありデメリットでもある?

映像のクオリティですが、おそらく暗くても綺麗に撮影が可能なように設定されているのではないかと思います。昼間に日差しが入る部屋で試したらホワイトバランスが少しキツイかなと感じましたが、オートフォーカスもかなり速く動作してくれますし、ビデオ通話用であれば十分に綺麗な映像だと思います。

マイク

eMeet NOVAは、フロント部の左右にマイクが2個設置されていてステレオで集音が可能です、また VoiceIATM「エコーキャンセルリング技術」搭載との事で、ハウリングが起きた際に自動的に集音感度を調整してスムーズな会話ができるようです。

実際にSkypeでビデオ通話をしてみましたが、綺麗な音を拾ってくれているのかどうかは自分では分かりませんwww 通話相手からはちゃんと聞こえるとかモヤッとした感想しか貰えませんしw

試しに映像を撮影して収録した音を確認しましたが、まったく問題なく収録ができてはいますが、物凄い高音質であるとまでは言いづらいと言うのが正直な感想です^^;

とは言え、スムーズなビデオ通話ができる事がウェブカメラの一番大事なポイントなので、この点を踏まえれば合格であると言えます。

まとめ

eMeet NOVA・ポイント
  • 200万画素30fpsの高画質で撮影可能
  • ステレオ &エコキャンセルリングでクリアな通話品質
  • 75°の高画角で狭い部屋でも広く写る!
  • なによりも価格が安価である!

テレワークによるビデオ通話や会議など、もはや一般人であっても自宅にウェブカメラのひとつやふたつ持っているのが常識になっている、eMeet NOVAは映像や音の品質が良いにも関わらず、他社製品に比べ安価に入手できるのが魅力の製品なのだ。

すぐに下のリンクからゲットしよう!笑

それでは!

取り扱いネットショップ

記事執筆時点でamazonが一番安価です。

eMeet NOVA
eMeet
¥4,999(2020/09/11 15:58時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました