RK2020 WIFiドングルを使ったデータ転送のやり方

ようやく作業開始! Emulator
この記事は約3分で読めます。

ニトロです。

RK2020 でWi-Fiドングルは持っておくと便利になりますので購入しておきましょう。この記事ではRK2020とPCを接続してデータを転送する方法を解説しています。

EmuELEC3.5のカーネルにはRTL8812au用のドライバーが入ってないため、Wi-FiドングルでWi-Fi接続ができません、事前にV3.6にアップデートしておきましょう。

EmuELEC3.5でRTL8812auを使いたい場合はaircrack-ngを使って手動でドライバをインストールする必要があります。

WIFI dongle

RK2020のためにTP LinkのWI-FI dongleを購入しました・・ とんでもない出費だw

そのWI-FI dongleが本日amazonから到着したので早速接続を試し、問題なくPCからMicroSDカードの内部にアクセスができた。RK2020が到着したは良いが、今までデータが入れられなかったのでようやく遊べるようになる。

PCとの接続方法
  • RK2020の上部USB端子にWIFI dongleを差し込む
  • メインメニューからNETWORK SETTINGSを選択
  • 利用するWIFIネットワークを選択
  • SETTINGSから「WIFI SSID」と「WIFI KEY」を入力
  • STATUSが「CONNECTED」に変わったら接続完了

  • PCのエクスプローラーのアドレス欄に「\\EMUELEC」または、IP ADDRESを入力すればMicroSD内部が表示されデータ編集が可能になる。
  • ゲームROMは\Emuelec\roms\(各コンソール)に保存する

とりあえずWi-Fi接続が出来れば、いちいちMicroSDカードの抜き差しはしなくても良いので便利だが、問題なのは転送速度が遅いこと。大量のデータを転送する場合はWi-Fiだとさすがにかったるいです。

Linux File Systems for Windows

WindowsでLinuxファイルシステムへのフルアクセスができるアプリケーションを使えば、PCでRK2020のMicroSDにフルアクセスが可能ですし、前述の転送速度の問題もありません。

このアプリケーションは有料(2,160円)ですが10日間の試用期間がありますので、試用期間中に一通りのデータ転送を済ましてしまえば問題ありません。また試用期間が終わったあとも転送速度が遅くなるだけで使用可能との事です。

これ、僕は買っても良いかな?と思っています、RK2020に限らずラズパイなどでも使えますし便利ですよね。試用期間が切れたら決めますけどw

使い方はTONCHIKIROKUさんのRK2020解説ページで詳しく解説されていましたのでご確認ください。← 手抜き

そんな感じで・・・
いまからいよいよ新規のMicroSDにファームウェア導入して、データ転送などやってアソビたいと思います。

でわw

コメント

タイトルとURLをコピーしました