RK2020用の更新ファームウェア「THeRA 2.4 NTFS custom rom」 がリリースされています。

Emulator
これはおすすめ!
この記事は約4分で読めます。

ニトロです。

RK2020用の細かい修正をおこなったファームウェアがリリースされていました。

修正点はいろいろありますが、最大のポイントとして、この更新版FWは特別なアプリケーションやネットワーク接続などしなくても、PCにSDカードを読み取らせるだけでROMやBIOSの管理が可能なる事です。

このFWはGithubにて開発者の方がリリースされたもので、将来的なサポート、導入による不具合や機能に関する保証はありませんので、導入される際は自己責任でお願いします。

ちなみに僕はSDカードに導入して動作を確認しました、ダウンロードは以下のページ「Instructions for loading」の項目(Download the image from)にあります。

THeRA 2.4 NTFS custom rom 内容

更新・修正内容は公開されているページをGoogle翻訳と僕の解釈を駆使したものなので、間違っているかもしれませんのであしからず。

  • RomsフォルダーがNTFSパーティションで作成されます。特別なアプリケーションを使用せずに、Windows XP以降のコンピューターからRomおよびBiosファイルが簡単に管理できます。
  • マイクロSDカードをPCで読み込むと、EASYROMSという名前のドライブがマウントされます。このドライブ内でROMやBIOSファイルの管理が可能です
  • 初回起動時にSDカードパーティションの自動拡張をおこないます。
  • グローバルホットキーをL2からスタートボタンに変更。
  • リモートアクセスサービス(SSHおよびSamba)はデフォルトでは無効です。有効にするには、Odroidオプションに移動し、Emulationstationメニューから[ Enable Remote Services]を選択します
  • RTL8812 / RTL8811ワイヤレスチップセットの安定性の微調整。
  • (Dreamcast)Flycast xtremeコアが利用可能で、Dreamcast xtremeという名前の独自のメニューがあります。一部のゲームはこのコアでより高速に実行されます。通常のFlycastコアが利用可能で、一部のゲームがxtremeコアにロードされません。
  • (Nintendo 64)デフォルトのN64コアはParallel 64です。
  • 思い出せないが他にもいくつか微調整した気がする。

導入手順

導入には最低でも8GBのマイクロSDカードが必要になります。最高のエクスペリエンスを実現するには、16GBのマイクロSDカード以上を強くお勧めします。

SDカードの作成
  • THeRA 2.4 NTFS custom romをダウンロードして解凍。
  • Win32DiskImagerEtcherなどを利用してSDカードに書き込み。
  • RK2020にSDカードを挿入して電源を入れます。
  • 初回起動時はパーティション拡張が実行され2回再起動します。
  • Emulationstationメニューが表示されたら準備完了です。
ゲームデータの管理
  • PCにカードリーダなどを使いSDカードを接続します。
  • EASYROMSという名称のドライブがマウントされます。
  • EASYROMS内にあるゲームデバイス名のフォルダーに、各デバイスのゲームROMを保存します。
  • SDカードをRK2020に戻し、電源を入れてROMをロードすれば対応のデバイスメニューが表示されます。

という事で、昨日の記事で扱いづらいとか書いといてなんですが・・・ このFWを導入するとRK2020がいきなり扱いやすくなりますwww

まぁ、検証は必要だとは思いますが、RK2020も開発者が増えてきそうで楽しくなりそうですね!

でわw

RK2020 まとめページはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました