AirPodsリリース!レビューから判明した7つの事実とは?

APPLE
この記事は約3分で読めます。

MMEF2


Apple Storeで予約した人に、AirPodsの初期出荷分が届いているようですね。ネットのニュースサイトなどのレビュー記事がアップされはじめています。


この記事をまとめて、7つのポイントにまとめてみました・・・

1.初期設定がかんたん

AirPodsの充電ケースのフタを開けると、iPhoneの画面に「接続」と表示される。それをタップすればAirPodsとの接続は完了する。
 

2.電源オン・オフ操作は不要
耳からAirPodsを外すと音楽の再生は止まる。充電ケースに戻すとiPhoneとの接続も切れる。電源ボタン(そもそも存在しない)は操作しなくても良い。

片耳だけAirPodsを外すと一時的に音の再生が止まり、会話モード?になる。つけ直すと再生が始まる。

3.電波強度が高く、バッテリーも5時間いける?


家の中ぐらいの距離であれば、iPhoneと通信する電波は届くので、通話や音楽が聞き続けられるらしい。一般的なBluetoothイヤフォンの場合は、カバンにiPhoneを入れてるだけでも音が途切れる製品もあるので、電波強度は相当高いのではないだろうか?

また、実際の利用者の報告によると、Appleのスペック通り5時間程度バッテリーが保つらしい・・

4.音質はまぁまぁ?


有線のEarPodsと音質が変わらない・・・

有線の
EarPodsは、3200円、無線のAirPodsだと1万8000円、なんと6倍も値段が高い。この製品は高音質を求める物ではない。

まぁ、そもそも良い音に拘るならBluetoothの無線イヤフォンは使わないよね。

5.操作はSiriを経由


AirPodsをタップする事でSiriを呼び出し、自分の声でアーティストや曲名を発生する事で操作をおこなうので、電車の中ではとても恥ずかしい・・・

事実上の操作はiPhone本体になりそうだ。もちろん使ってもよいが白い目で見られるだろう。
 

6.耳から落ちる心配はない


頭を振ったり、ジャンプしても、脱落はしないらしい・・・ ランニングに利用しても問題はないし、装着感も良いとの事だ。

脱落防止のストラップ製品は他社からいくつか販売されている、しかしバッテリーケース収納時にストラップを外さなければならないので面倒だろう。脱落するとすれば、AirPodsを耳から取り外す時に起こる。

ちなみに無くした場合は、片側だけ69ドル(約7,000円)で購入ができる

7.耳からうどん?
AirPodsを装着している姿はハッキリ言ってダサい。
 
過去にもネットで話題になっていたが、うどんが耳から出ているみたいだ。線がないだけでこれほど違和感を感じるとは・・・

EarPodsの線だけが無くなったデザインなので、AirPodsの次機種ではデザイン面に改善があるだろう・・・ ただし、世の中のイヤフォン製品がほぼ無線タイプになるか、AirPods自体がバカ売れすれば違和感はなくなるのかもしれない。

とにかく・・ 現時点では究極にダサいので俺は使いたくない。

おまけ

瀬戸弘司さんのレビュー動画です。 『耳からうどん』・・まじでウケたw
 

 
 
人気ブログランキングへ 

コメント

タイトルとURLをコピーしました