【Yahoo ショッピング】アホみたいにTポイントをばら撒いてくれるので、完全に囲い込まれてしまいました。

Diary
この記事は約4分で読めます。
ECサイトは『Amazon派』『楽天派』どちらかのサイト愛好者に分かれるみたいですが・・・とにかく、注文したらすぐ手元に届いて欲しい人はAmazonを使う傾向で、ポイントに囲い込まれてる方々は多少到着が遅くても楽天を使う人が多いように感じます。

GREEN20160902101618_TP_V

ECサイトは『Amazon派』『楽天派』どちらかのサイト愛好者に分かれるみたいですが・・・とにかく、注文したらすぐ手元に届いて欲しい人はAmazonを使う傾向で、ポイントに囲い込まれてる方々は多少到着が遅くても楽天を使う人が多いように感じます。 


しかし楽天に比べると、Amazonサイトは表示がシンプルで必要な情報をファーストビューで確認できるので個人的にはとても使いやすいと感じています。
 
楽天の商品ページってさ、延々と下にスクロールしながらこの商品がどんなに素晴らしいかを延々と紹介して、結局注文ボタンはどこにあるんだ?商品ページ内で迷子になる事あるよね?w やっと見つけたと思ったら売り切れだったりとかね・・・ まぁ、これはこれで楽天の魅力なんですかね。。。


そんな訳で僕は、ネットのお買い物はまずAmazonで商品を探します、そして多少値段が高くても商品到着が早いAmazonで買う場合がほとんどなんです。


それでも、たまに楽天で買い物をする場合があります、理由としてはAmazonに商品の取り扱いがない場合に仕方がなく・・・そして楽天ポイントがそれなりに貯まっている場合は、ポイント消費を目的に楽天を利用する事があります。


要するにポイントで囲い込まれちゃってるわけですが、なぜ楽天ポイントが貯まるかというと・・


 ① ANAカード(クレジットカード)で貯まったポイントを楽天ポイントにチェンジ
 ② 楽天トラベル利用時のポイント
 ③ たまに買い物で利用した時のショツピングポイント


主にこの3点が理由です。
 
ANAカードは年間で1~2万円程度のポイントが貯まるので、品揃えが多い楽天のポイントに交換する場合が多かったです。


しかし、最近は楽天からYahooショッピングへ、僕の利用ニーズに変化が起きました。

Yahoo ショッピングが凄い事になっている。

Yahoo ショッピングは楽天対抗のネットショッピングサイトですが、出店数も少なかったですし、Tポイントを積極的に貯める事もなかったので利用する理由がなかったのですが・・・

yahoo

どうやらYahooは楽天との抗戦戦略で強引にシェア拡大をしようとしているみたいですね。
Yahooへの出店数を増やす施策として出店利用料を無料にしましたし、利用者(ターゲットは楽天ユーザー)にはえげつないぐらいのTポイントバラ撒き施策を実施しています。


結論から言うと・・ 僕ちゃん、囲い込まれちゃいました。てへw


とにかく、Tポイントが信じられないぐらいの高倍率で付与されます。
そして、ボーナスで付与されるTポイントはおおよそ一ヶ月以内に利用しないと失効するという期間限定ポイントなんです。


取得したポイントを失効したくないからまた買い物をする・・すると、またごっそり期間限定ポイントが付与される、また買い物をする・・・このループにハマるのです。


期間限定ポイントとは言え10,000円の買い物で仮に20倍のポイント還元だと約2,000円分のポイントが付与されます。多少荷物の到着が遅くたって、期間限定ポイントは生活必需品の購入にあてれば無駄にはならない・・そんな思考で最近はYahooショッピングをよく利用しています。


そして、肝心の出店数なんですが・・・
少なくとも僕が楽天のお気に入りに登録していた店舗はYahooでもちゃんと出店していました。。。どうやら楽天に比べても遜色ない程度に増えていると感じます。


ポイントをより多く得る為には、キャンペーンの登録、アプリの利用、Yahooプレミアムに登録、SoftBankユーザーでスマートログインに登録だとか、まぁ、個別にいろいろと条件もあるんですがね。5の付く日は無条件にポイント5倍なんてキャンペーンもあるので、興味がある方は一度確認してみると良いですよ。


楽天のポイントにハマっているユーザーにとって、Yahooが展開しているポイント施策は間違いなく魅力的なはずです。そして、一度買ったら最後、期間限定ポイントの消費・付与のループにハマります ^^;

人気ブログランキングへ 

コメント

タイトルとURLをコピーしました