サービスを停止・炎上した「CASH」が本日よりサービス再開したので試してみた

Diary
この記事は約3分で読めます。
CASG
CASHは不用品が即キャッシュ化できる(上限2万円まで)質屋のオンライン版とも言えるサービスだが・・・

発表直後に2chやSNSなど、インターネット上で話題になり大きな注目を集めたまでは良かったが、利用者が増えすぎた事により開始からわずか16時間半でサービスを停止しました。

サービス停止後は詐欺だったのか?それとも経営悪化で倒産したのか?などと言われておりましたが、本日(24日)まさかのサービス再開を果たしましたw なんでも、当初の16時間半で3億6千万円もの取り引きがおこなわた事でキャッシュフローが悪化し、買い取った商品の山が事務所に入り切らないという自体になったそうで・・・

そもそも倉庫すら借りてなかったとか アホかw

とは言え、個人的にはおもしろいサービスだと思って注目しています。
少額の現金が今すぐ欲しいってニーズは結構あると思うんだよね、給料日までのつなぎとか、パチンコの資金とかねw

サービスの再開にあたりアプリがアップデートされ、一日のキャッシュ化の上限を1000万円に制限、利用者側もアプリ上で買い取り上限額がいくら残っているかが確認出来るようになった。この見える化により、早くしないと「今日のキャッシュ化できなくなっちゃう」というユーザーの心理が働くかどうかはわかりませんが・・・

キャッシュ化の残額リセットは毎日AM10時、サービス再開初日の本日の状況を見ると、1時間で500万円~ ぐらいの勢いで買い取りがおこなわれています。おそらく2時間弱で本日は1000万円の限度になって終了でしょうが・・・

再開初日とは言えなかなかのスピードだね。



査定を試して気がついた事・・

bitcoinIMGL1762_TP_V
査定のフローはがどのようなものか?サービス再開により操作が試せるので実際にやってみましたが・・

結論としては最終的な金額査定までできていないw なぜかと言うと査定できる商品は基本的に、ブランド品のカバンや小物と、スマホ・タブレットのみで、僕が査定できる品物が手元になかったから。

ブランドを「Apple」で選択すると、iPhone・iPad・Apple Watch の3種類しか選べない、MacBook や MacPro と言った製品はキャッシュ化できない・・・ 操作しているiPhone 7 があるが、査定用の写真撮影ができないw

さらに iPhone の場合は「iPhone6」以降しか選択できないので、僕が試そうと思った iPhone 5s もだめです。

ちなみに、ブランド品の場合は、ハイブランドのヴィトンやらグッチなどは当然あるんだけれど、UNIQLOは無かったねwww 買取品をある程度制限する事で、ゴミの買い取りリスクは減るんだろうけど、ノールックなので買い取った商品にはコピー品がかなり混ざってそうな気がするな。

Twitter で検索してみると、査定金額はサービス停止前はザックリとして価格だったらしいが、少し詳細になって改善しているようだ。撮影した商品があきらかに異なる物はカテゴリー違いの警告も出るようになっているらしい。

ただし、ブランドの新品財布でも、査定金額500円 なんて表示がでたと言うツイートもあるので、やはり高く売りたいならメルカリやヤフオクを使うほうが良い気がする。

もちろん、CASH は「今すぐ 小銭が欲しい」を実現するサービスなので、利用者がうまくサービスを使い分ければ良いんだと思う。 

いま、1万円足りない! そんな時だよ。 どんな時だよ!

人気ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました