Powerbeats Pro 一ヶ月使用! 良かった点・悪かった点などを書いてみた

APPLE
この記事は約4分で読めます。
まいどニトロです∠( ‘ω’)/
久しぶりに「Retropedia」がAmazonで発売されていたみたい・・・
ブログ経由で売れているのがAmazonのレポートに出てましたwww
すごい人気だね。。。
さて、最近は中華ゲーム機ばかり記事にしてましたが・・・ このブログ、Appleファンカテゴリーなんですw つーことで、久しぶりにApple関連・・・Beatsだけどw 書きたいと思います^^;
IMG_1138
Powerbeats Proのブラック以外の3色も購入可能になったみたい・・・
さて、僕は7月末にブラックのPowerbeats Proを入手して会社の通勤でほぼ毎日使っていますが、一言で言うと「気に入って」ます。はいw
イヤーピースをCP145に交換しちゃったので純正状態ではないんだけどねw 装着感を感じないほど馴染んで、いつでも装着しておきたいぐらいwww
音質は一ヶ月使ったらだいぶ変わってきてまして、少し低音が効きすぎかな?って気がするし、けして高音質ではないと思いますが、個人的には嫌いではない音です。
そもそもワイヤレスなので過度な音質を求めるのは酷だと思います。

使って分かった良いところ

① 装着感・安心感
当たり前だけど、ケーブルがないのは本当に開放感がしゅごいですw
Powerbeats Proはしっかりとフックで耳にホールドするので落下の不安は皆無、フックのおかげで耳に押し込む必要もないので自然な装着感が得られます。
② iOS端末との親和性
これも当たり前だけど、当たり前に便利である。
iPhone・MacBook Pro・iPad Pro・会社のiMac 簡単にソースの端末切り替えができて快適すぎるのだよ。だからいつでも装着してたくなるわけだ。
③ 片耳装着が地味に便利
片耳で使わないだろと思ってたけど意外と使う場面があります。
ちょっと電話で通話する時とか、深夜にエロい動画観るとかw 仕事中にサボってYou Tube観るとかw 意外と片耳装着で使う場面があるので重宝します。
④ 本体で操作ができる
Powerbeats Proは左右の本体どちらでも操作ができます。
再生・停止・早送り・ボリューム調整など、本体ですべて操作ができるのが地味に便利だし、左右どちらでも良いってのも使うと分かるがかなり利便性が高いのだ。

使って分かったダメなところ

① ケースがでかくて邪魔
最初から分かってはいたが・・ でかくて太いのだ。
でかいよりも、太い事が携帯性を悪くしている。これ一番良くない点だけど、カバンを普段から持ち歩く人はそれほど気にならないかもしれない、僕はもう慣れたので気にならなくなったけど。
② 音質は好き嫌いがあるだろう
良くも悪くもBeatsの音質なのである。
Beat solo Wireless3も持っているが、低音はPowerbeats Proの方がおとなしい印象だが、やはり低域を強調されているのは間違いないので聴く音楽のジャンルを選ぶかもしれない。
③ 装着した見た目は・・・
見ようによっては補聴器をしているように見えるかもw
AirPodsの耳からうどん感に比べれば、なんか洗練された見た目でおしゃれなんじゃないかとも思うが、補聴器しているようにも見える。 結局のところ使う人の見た目に左右されるのであるwww

まとめ的な感じ

一応、僕的にはですね・・・
今年買ったベストバイのTOP10に入っています、装着感がとても良いし、端末同士の連携・切り替えも使いやすいです。4色のカラー選択ができるようになったので、これから買うなら黒以外を選択するのが良いかもしれませんね。
ただし、とても高価です。
あと1万円ぐらい安くして欲しいですなヽ( ´ー)ノ フッ
そうそう、iPhoneの新型が来月発表ですな。
なんか、ぜんぜんワクワク感がないんですけど・・・www

人気ブログランキングへ

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました