WIN600 プレセールを開始だが、Loki Zero も開始している件

Emulator
この記事は約5分で読めます。

ANBERNIC WIN600 のプレセール7月5日から開始される事が公式ストアにて発表されました。

直前に AYN から Loki ZERO という WIN600 とほぼ同一スペックの新製品の予約販売が開始されて、いろいろな意味で話題になっていますね。

さて、僕の所見などは、本記事下部に記載いたしますが、まずは WIN600 のプレセールと概要などからどうぞ。

プレセールについて

プレセール開始は2022年7月5日 午後7時から48時間開催、プレセール価格は 40,599円~50,599円 で、一般販売価格よりも 3,400円 OFF となっております。

初回の在庫は少ないので見逃すなとのことですし、48時間の限定価格ですから、いち早く入手したいのであれば、プレセールで購入が良いと思います。

公式ショップでは、各種決済に対応、日本語サポート、公式ファームウェアアップデートのダウンロード、送料無料などのメリットがあります、また権利侵害となるゲームデータが添付されません。

WIN600 概要

ANBERNIC が手掛ける初めての Windows 搭載 UMPC カテゴリーのハンドヘルドゲーム機です。

Windowsを搭載したハンドヘルドは、GPD・One-Netbook・AYANEO などから多くの機種がリリースされていて、とんでもない混戦市場です。

中華ゲーム機メーカーとして支持を集めている ANBERNIC ではありますが、UMPC 市場には後発参入となり、WIN600がどのような機種なのか注目を集めています。

WIN600 SPEC

スペックは以下の通り、ラインナップは、AMD 3020e と 3050e の2機種が用意されており、カラーバリエーションはホワイトとブラックです。

メモリ・SSD は交換可能となっているので、後からアップグレードが可能な仕様です。

WIN600 SPEC
  • OS:Windows 10 / SteamOS
  • SoC:AMD 3020E / AMD Athlon Silver 3050E(2モデル)
  • GPU: AMD Radeon RX Vega 3 1.0GHz
  • RAM:8GB (DDR4 2400Mhz)
  • STORAGE:128GB / 256GB(M.2 SATA 2242 SSD)
  • Screen:5.94 inch (IPS 1280×720 10点マルチタッチ)
  • Battery:4500mAh
  • Size:236 × 103 × 22mm
  • weight:490g
  • Speaker:Stereo
  • Connectivity:USB-A, USB-C OTG, WIFI5, Bluetooth4.2

PCの重たい3Dゲームなどは厳しいスペックであり、あくまでも軽量なゲームタイトルやエミュレータを動作させる事に特化した機種になっていると思います。

僕の場合は、PCでもそんなに重たいゲームはしないので、このぐらいのスペックでも良いんじゃないかな?などと思わなくもないですが・・ PCは性能に余裕がある方が圧倒的に使い勝手が良いので、UMPC を購入するのであれば、オーバースペックぐらいの機種の方が気になってしまいます。

Loki Zero と Win600 ニトロさんの所見

ANBERNIC 最初の UMPC だいぶ前から、開発しているって情報が出ていましたし、おそらく中華ゲームが好きな人にとっては、超注目の一台になっていたのではないかと思います。

WIN600 のデザインは、ANBERNIC らしい見た目で好感が持てますし、事前情報からハイエンドではなく、ローレンジ製品になる事も理解はしていました。

販売価格については4万円以下であれば、一定のニーズもあるし、意外と売れるのではないかと個人的には考えていました、結果として円安の状況を踏まえれば、正式な販売価格は比較的安価にしたんだろうなと思いました。

しかし・・・ 

AYN から Loki Zero と言う、まさかのほぼ同一スペックのハンドヘルドが発表、クラウドファンディングで驚きの $199 (約27,000円)で募集を開始しました。

発表のタイミングが WIN600 のリリースに、たまたま被ったわけではなく、明らかに WIN600 のリリースに被せてきています、そして Loki Zero のデザインはかなり魅力的です。

当たり前ですが、スペックが同一なのであれば、Loki Zero の方が良いと思います。

しかし、注意するべき点として、Loki Zero を支援した場合、手元に届くのはおそらく2022年の年末か、もしかしたら2023年になるかもしれないと言う事です。

それにしても、WIN600 は発売前からすでに逆風が吹いてしまう結果に・・・ 今後の ANBERNIC の対応に注目が集まりますが、ぶっちゃけ値下げするしかなくなくない?

WIN600については、僕も ANBERNIC さんから発売前のサンプル提供をいただけました、すでに他のレビュアーには着弾しているようですが、僕の連絡ミスと到着遅れも重なってしまい、明日か明後日に到着となりそうです。

ANBERNIC の製品は、すでに多くの機種を購入しましたし、サンプルも貰ったりもしまして・・・ 個人的には応援したい気持ちがあります。

当然 WIN600 が到着したら確認・記事執筆・動画編集はしますが・・・ AYN の製品にもの凄い興味が出てきている僕がいたりしますw

コメント

タイトルとURLをコピーしました