初代 iPhone 発売から10周年!歴代 iPhone の思い出を書いてみたぞ

APPLE
この記事は約6分で読めます。
Steve

Photo : digitaltrends

10年前の6月29日 、初代iPhoneが発売されてから10年です、ちなみに初代iPhoneは日本では発売されていません。


初代iPhoneをネットで見た時の印象は、iPodに電話機能が付いてるんだろ?ぐらいw 大量の音楽が持ち運べて、メモ帳代わりになるとか、正直言って先進的な製品だとは思わなかった。

電子手帳の機能と電話とiPadを合体させたんだよね?なにせ実物を触ることが出来ないから良いも悪いも判断が出来なかったわけです。


iphone_3g
日本で発売された最初のiPhoneは初代から1年後に発売されたiPhone3G、僕が手に入れた最初のiPhoneは更に1年後のモデル3GSです。

3Gを買わなかったのは、ソフトバンクにキャリア変更しなければならなかったからです。当時は携帯電話と言えばドコモ以外は考えられなかったですよ。ソフトバンクの電波の貧弱さは相当悲惨でしたしね・・・

しかし、家電量販店で iPhone 3GS を触ってみて、あまりの楽しさ、面白さに衝撃を受けて、かなり悩んだ末、ドコモの契約を維持したまま、ソフトバンクのiPhoneを契約をする事にしました、いわゆる2台持ちです。

ドコモからソフトバンクへのMNPなんて当時は大冒険でしたからね。

iPhone 3GSは電話機能がイマイチな感じでしたが・・電話よりもメッセンジャーやTwitterを使ってコミュニケーションを取るのが当たり前になってきた時期ですし、使いづらさを感じる事もあったけど、大きな問題だとは思わなかったです。

とにかく、始めて手にした iPhone 3GS は、間違いなく先進的、イノベーションが感じられた。さすがApple!ジョブスさんやで~ iPhoneをいじるのが楽しい日々、面白そうなアプリを探してダウンロードするのが日課になりましたね。

この頃はAppStoreの審査も緩くてエッチなアプリもあったしねw

iPhone 4(2010年6月7日)/ 4S(2011年10月5日)

iphone-iphone4

本体全面に自撮り用のカメラが搭載され、背面は強化ガラスという、見た目はもちろん美しいですが、落としたらバキバキに割れる危険性を感じるモデルですw


そして初めてカラーバリエーションとして『ブラック』『ホワイトモデル』の2種類が用意されましたが、ホワイトモデルは製造上の問題により発売延期を繰り返し、結局10カ月後!の2011年4月28日にようやく発売されました。

知人でホワイトを予約した連中は、みんな諦めてブラックに変更していましたよ。 懐かしいなぁw

そして僕が購入した4Sですが、従来の6月発売のサイクルがこの機種から変更となって、10月に発売されました。もしかしたらホワイトモデルの発売遅延問題が起因して年末にズレたんじゃないのかね?このおかげで、iPhone3GS は過去に所有した中で一番利用期間が長くなりました。

4Sでは、おなじみの音声アシスタントの『siri』さんが初搭載、iPhoneのキャリアとしては従来ソフトバンクのみだったのが、『au』も追加!ドコモだけ涙目状態に突入しましたね。

そして、なによりiPhone 4S はとても特別な機種である理由があります。

それは、4Sが発売された翌日、アップル創設者のスティーブ・ジョブズが死去しました、つまりiPhone 4Sはスティーブ・ジョブズが見届けた最後のiPhoneになったわけです。

iPhone 4Sはジョブスメモリアルモデルなんですよ。

iPhone 5(2012年9月12日)/ 5s(2013年9月10日)

iphone_5
iPhone 5は、液状サイズが従来の3.5インチから4インチに変更されて縦に長いデザインとなり、DockコネクタがLightningコネクタを始めて採用したモデルです。

iPhone 5S は指紋認証センサーの「Touch ID」を初搭載、スマートフォン用としては世界で初めての64ビットに対応したApple A7チップを搭載、カラーバリエーションとして、「スペ
ースグレイ」「ゴールド」「シルバー」の三色展開となりました。

そして、この5シリーズはiPhone SE へデザインを踏襲して現在も販売されている息の長いモデルとなっています。とても長く使われてるデザインですが、古臭さは感じないですし、持った時の握り心地も良く、個人的に iPhone の最高傑作は、5/5s/SEのシリーズ だと思います。

僕はiPhoneを2年毎に買い替えしていましたが、iPhone 4Sは1年使用後にiPhone 5へ機種変更しました。iPhone5が4Gモバイル通信に対応した事が一番の理由でしたが、デザインが秀悦であったり、Lightningの採用や性能差が大きくなった事も理由です。これからiPhone はどんな進化をして、どんなソリューションを提供してくれるのかな?とてもわくわくしましたね。

iPhone 6(2014年9月9日)/ 6S(2015年9月9日)

SP705-iphone_6-mul
iPhone 6 からスマートフォンのトレンドとなっていた画面サイズの大型化が図られました、より大画面のPlusシリーズも発売されましたね。

僕は2年の定期更新で iPhone 6 を手に入れました。

プロセッサーは高速化、カメラ性能も良くなった・・ だけど、なんとなく面白くない、わくわくしないんです。確かに画面が大きくなって見やすくはなりましたが、指が届かなくて操作が両手になったりする。デザインは悪くないけど、なんかのっぺりしてて塊感がない・・安っぽさを感じてしまう。

iPhone 6s では「3D Touch」機能が搭載されました、特定の操作やアプリにおいては便利ですがね・・・ 性能は確実に上がっている。だけどどうも所有する喜びが感じられなくなってしまったのはこの頃からです。

iPhone 7(2016年9月7日)

apple-iphone-7
現行機種のiPhone 7 が僕の愛機です、通常は2年ごとにデザイン変更していましたが、まさかの6デザインを踏襲ですw 耐水、お財布携帯対応など、基本性能の向上も含めて不満はありません。しかし、Appleがこの機種の目玉としたのはジェット・ブラックと言われる光沢仕様の色ですw

ステレオ対応、スレテオミニジャック廃止などもありましたね・・・Appleはどこに向かっているのか?ユーザーになにを提案したいのでしょうか?綺麗な塗装でしょうか?w

製品に対する不満はないんですが、所有する満足感が得られない。道具としてはまったく問題がないけれど、どうも他社の追従を繰り返すだけで革新性や新しいソリューション提案を感じられなくなってしまった。

iPhone 8 は満足感を得られるのか?

スティーブ・ジョブズが死去した最後のモデルが、iPhone 4S であり、おそらくその後の iPhone 5 シリーズまではジョブスの魂が入っていた製品なのではないかと思います。

残念ながら iPhone 6 以降、Appleは迷走しているような気がしてならない。スティーブ・ジョブズがそこまで素晴らしい人物だったのか? しかし現実にジョブスの居ないAppleから発表される製品はイマイチなのである。

次期 iPhone 8 は、噂される機能、デザインを見る限りは、面白そうだし発売されるのが楽しみではありますが、もっとAppleらしい革新的な機能やアイデアが隠されていたらと期待しています。

iPhone 8 買いますか?
iphone-8-leak-design-drawing-rumor
Photo:Mac Rumors
僕は iPhone 7 を去年の9月に購入したので本来であれば買い替えのサイクルが来年なんです。iPhone 8 は実物をしっかり確認してから購入するしないの判断をすると思います。なにせ、過去最高の高額 iPhone になりそうですしねw

人気ブログランキングへ

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました