人気の携帯エミュレータ3機種をデータから比較

Emulator
この記事は約3分で読めます。

2019年後半にリリースされた中華ゲーム機3種類の機能比較ページを作ってみました。

個人でまとめております。
内容に不備や間違いがあるかもしれません、指摘などいただけると助かります。ちなみにスマホ表示を考慮しておりませんのであしからず。

※ このページは編集中なのに公開しております。わら

DESIGN
GKD350H RG350 PocketGO V2
512aiaAQroL._AC_SL1000_
51BDIPlin2L._AC_SL1000_
スクリーンショット 2020-02-10 10.04.11

個人的には New PocketGO のデザインが好きです。
GKD350Hは・・・ 写真で見るよりも実機は悪くないです。

SPEC
GKD350H RG350 PocketGO V2
OS OpenDingux OpenDingux OpenDingux
液晶 3.5 inch IPS
320×240 resolution
3.5 inch IPS
320×240 resolution
3.5 inch IPS
320×240 resolution
CPU JZ4780 1.5Ghz JZ4770 1Ghz JZ4770 1Ghz
RAM 128MB 512MB 512MB
サイズ 150×75×18mm 145×73×14mm 138×75×15mm
重量 約140g 約160g 約160g
バッテリー 2300mAh 2500mAh 2000mAh
interface Micro USB
microSDスロット x 2
USB Type-C x 2
microSDスロット x 2
USB Type-C
microSDスロット x 2
video out なし Mini-HDMI なし
audio out モノラルスピーカー
Headphone jack
ステレオスピーカー
Headphone jack
モノラルスピーカー
Headphone jack

※ 赤字は他の2機種より優位、青字は劣位

RG350は「Mini-HDMI」があるけど使えないので優位かと言われると邪魔なだけじゃないかって話もある・・・ 性能の恩恵で考えればCPUの動作クロックが高いGKD350Hである。

INPUT
GKD350H
RG350
PocketGO V2
基本 十字キー+ABXY 十字キー+ABXY 十字キー+ABXY
L R
L2 R2
analog
stick
Lのみ L・R Lのみ
L3 R3
(押し込み)
振動
Power
Volume
Reset

※ 赤字は他の2機種より優位、青字は劣位

入力ボタンがあるかないかをまとめた表、圧倒的にRG350が優位。動作するしないかは別にして、できないゲームはほぼ無いと思われる。

ただし、個人的にはグリップ感・操作性は New PocketGO が一番良いと感じる。

この記事はまだまだ編集更新します。

● GAME>Emulator カテゴリその他記事

人気ブログランキングへ

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました