New POCKETGO 2「ROGUE」CFW 1.0.6 Release

Emulator
この記事は約3分で読めます。
2020年 5月7日
New PocketGO 2「ROGUE Edition」CFW  Ver1.0.6

New PocketGO 2 ROGUE CFW Ver1.0.6がリリースされていました。
Ver1.0.5が出たばかりでしたが・・・

今回のバージョンは機能アップする点が多いです。
PG2を所有している方はアップデートした方が良いかもしれませんね。

更新内容はGoogle翻訳をベースに少し手間を掛けて修正してありますw

  1. アナログスティック(POWER + L1)を無効/有効にするための新しいキーコンボを追加。
    キーコンボは以下の通りです。
  • POWER = gmenu2xでの画面のオン/オフ。
  • POWER + A =ハードウェアモードで解像度画面をフルスクリーンに変更します。
  • POWER + B =アナログスティックをdpadに切り替えます。
  • POWER + X =スクリーンショットのキャプチャ。
  • POWER + L1 =アナログスティックの無効化/有効化
  • POWER + R1 =マウスを有効にする(スティックはカーソル、L2&R2はマウスボタン)
  • POWER + VOL +またはVOL- =輝度画面を変更する
  • POWER + UPまたはDOWN DPAD =シャープネス画面を変更
  • POWER + SELECT =アプリケーションを強制終了
  • POWER + START =再起動
  1. Gmenu2xが多言語(日本語含む)をサポートするようになりました!!
    アップデート後に /media/data/.linker を消去すると有効になります。
    ※ カスタマイズしたスキンは初期化されますので注意
    screenshot001
    screenshot002
    screenshot003
    かなり・・・日本語が変ですw
  1. システム&カーネル・ライブラリーを更新。

僕も導入して試しましたが、いつものアップデート方法で問題なく完了です。
日本語メニューは分かりやすいですが微妙な日本後になるので、英語の方が見た目は良いかもwww

アップデートの方法

・こちらの記事を参照
 

補足事項
CFWには「POCKETGO2」と「PLAYGO」がありますので持っているコンソール用を使います、すでにROGUEの旧バージョンが導入済みであれば「update」で簡単にバージョンアップが可能です。

■ New PocketGO ROGUE CFW(INDEXページ)
 

■ CFW Ver1.0.6 ダウンロードページ

INDEXページにあるVer1.0.6のリンクはエラーでした。
ダウンロードページからダウンロード可能です。

■ New PocketGO2 関連記事
 


■ 
エミュレータゲーム機の海外販売サイト「RetroMiMi」


■ Amazon

Whatsko RG350M アップグレード版ポータブルゲーム機 Retro Game Linux OpenDinguxシステム 振動モーター 3.5インチIPSスクリーンを アルミニウム合金ケース 14000in1 48GB (シルバーグレー)
Whatsko RG350M アップグレード版ポータブルゲーム機 Retro Game Linux OpenDinguxシステム 振動モーター 3.5インチIPSスクリーンを アルミニウム合金ケース 14000in1 48GB (シルバーグレー)
ANBERNIC



以上です!


人気ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました