RK2020は今年メインストリームになる新型のレトロゲーム機であろう・・・ ただしアルミ筐体が出て絶望したりするぞ?

Emulator
この記事は約3分で読めます。

ニトロです。

さて、話題のRK2020についてです。

rk2020

一応、気してはしていたんですけどね、すでに日本のAmazonでもリリースされているので、記事にする事にしました。

僕はRG350Mを購入していませんが、購入を躊躇していた理由がまさにこのRK2020です。そもそも、RG350NewPocketGOGKD350Hと、ほぼ同じ性能のレトロゲームエミュレータをすでに持っていますからねw

あまり僕も詳しいわけではないですが、ざっくりとRK2020について説明すると、簡単に言えば人気のRG350よりも高性能のCPUを搭載、N64・PSP・Dreamcastも動作するエミュレータゲーム機です。

性能をまとめると以下のような感じです。

製品名 RK2020
システム RetroArch
液晶 320X480 3.5インチ IPS
CPU Rockchip RK3326
(クアッドコア Arm Cortex-A35 1.3)
GPU
Mali-G31 dvalin
メモリ 1GB (DDR3L 786 32 bit)
ストレージ 外部マイクロSDカード
バッテリー リチウムポリマー 2600 mah
入力ボタン D-pad/ABXY/L1L2/R1/R2/
A-pad/SELECT/START/電源ボタン
ポート USB-C 充電/USB-A /イヤフォン端子
重量 147g
ちょっと話題になったODROID-GO Advanceと同じRockchip社製 RK3326というCPUがRK2020にも搭載されています。

このCPUがおそらく安価で高性能って事でPSPなどのエミュレートも可能になったんだろうと思いますが・・ とにかく今後リリースされるレトロゲーム機はこのCPUを搭載したコンソールが増えてきそうな気配です。

システムはRetroArchなのでエミュレーターは豊富にあります、You Tubeなどで映像を見るとUIの出来も良さそうですが、少し気になるのは解像度が低い事ですかね。

Appearance and interface

外観とボタンやインターフェースはこんな感じです。
61DlihBNmVL._AC_SL1001_

デザインは悪くないと思います、見た感じ操作性もサイズ感も良さそうです、USB-Aポートがあるせいか、本体に厚みがありそうですけどね。

RG350に劣る点は、右アナログスティックがない事と押し込みボタンもない事、おそらく本体はモノラルスピーカーですかね。

YouTube

説明文章を書くのがめんどくさくなってきました・・・
参考になるYouTubeの映像を貼っておきますので、どうぞ視聴してくださいwww

RK3326を搭載したデバイスはいくつかありますが、RK2020はすでに日本のAmazonで販売が開始されていましたので入手が容易ですし、結構安価だと思います。

興味がある人はお試しで購入してみてはいかがですか?w

ただし・・・ これは結構売れると思うので少し時間が経ったらアルミ筐体のモデルも出るんじゃないかなと想定しています。

当然、同スペックの他製品もどんどん出てくると思うし、CFWが出てくるのかとか、色々考えてるとこれで良いかどうかってのは難しい判断になりますよねぇ。。。

でわw

人気ブログランキングへ

コメント

  1. 匿名 より:

    コントローラーと液晶、振動等がrg350mで中身のチップがrk2020なら即買いなんですけどね
    なかなか完璧な中華機出ませんね
    遊ぶのより動作確認作業が楽しいから一長一短あるのも楽しいですけどね

  2. NitRo より:

    >>1
    RK2020を購入するか見送るか・・・ 結構悩んでますw

  3. おじさん より:

    自分は解像度の点で見送りました。Q400をプリオーダーで入れて会ってまだ届いていませんがそちらに期待しています

タイトルとURLをコピーしました