ANBERNIC Win600 これ結構良さそうじゃない?

Emulator
この記事は約3分で読めます。

ニトロです。

記事更新が久しぶりになってしまいました・・・ さて、ANBERNIC が開発している UMPC「Win600」に関して、ANBERNIC 公式 YouTubeチャンネルにてチラ出し動画が出ておりました。

リハビリ兼ねて、この話題を記事にしてみました。

ANBENIC YouTube チャンネル

ANBENIC 公式 YouTube チャンネルに公開された動画です。

映像を観てみると、サイズ感やOSの動作など・・・ なんか良さそうな感じw とくに思っていたよりもコンパクトな本体サイズに目がいきます。

しかし、AYANEOAIR って強力なライバルがリリースを控えていますので ANBERNIC も必死でしょうね。

なんでも win600 は、Windows 10 と SteamOS のデュアルブートをサポートしているようです。RG522 が Linux と Android のデュアルOSに対応していましたが、似たような感じですね。

レトロエミュレータ・ハンドヘルド」というカテゴリーではなく、PCゲームを含めた幅広いゲームタイトルを、気軽に持ち歩けるデバイスといった感じでしょうか。

SPEC

現在のところ判明しているスペック(予想も含め)は以下の通りです。

WIN600 SPEC
  • OS:Windows 10 / SteamOS
  • SoC:AMD 3020E AMD Athlon Silver 3050E
  • CPU:AMD Zen
  • GPU: AMD Radeon RX Vega 3 1.0GHz
  • RAM:?
  • Screen:6 inch (IPS)
  • Battery:?
  • Size:?
  • weight:?
  • Speaker:Stereo
  • Connectivity:USB-A, USB-C OTG

注目なのは SreamOS が動作すること。

Steam ライブラリーが多い方は興味が湧くデバイスになりそうです。

気になる性能ですが、搭載されるプロセッサーは AMD 3020E / 3050E (どちらか?)搭載との噂、このプロセッサー Core-i3(7世代)とほぼ互角性能らしいです、高性能とは言えないかもしれませんが、ハンドヘルドゲーム機なので GPU とのバランスが大事かもしれません。

僕は CPU や GPU に関してあまり詳しくないです、間違っていることを書いているかもしれませんw とにかく映像を観る限り意外と?(失礼)良さそうに見えます。

販売価格

正式な販売価格は発表されていませんが、Steam Deck よりも安価になる事は間違いないです。

Steam Deck の価格は、最安価な64GBモデルが 399ドルなので・・・ 350ドルあたりの値付けを狙ってくるのかしら? えっ?350ドルって安くない??? ちなみに、本日の為替レートで計算すると350ドルは日本円で45,000円となります。

正式なリリースを待つ必要はありますが、5万円以下なら UMPC カテゴリー製品の中では最安価クラスになりますね。

もちろん350ドルってのは僕の憶測です。

ANBERNIC Win600 個人的にはちょっと欲しいなと思っていますが。どうしようかな?

コメント

タイトルとURLをコピーしました