POWKIDDY Q90 CFWの導入やPocketGOとの比較などダラダラと書いてみたぞ

Emulator
この記事は約4分で読めます。
ニトロです。
POWKIDDY Q90 レビューの続き記事です。
だらだらと確認やCFWの導入作業などしながら書いていますw
IMG_1884.jpg
・POWKIDDY Q90 レビュー記事
 
  1. 性能はPocketGOと同じ
  2. 振動・本体ステレオスピーカー・アナログスティックに対応
  3. 小型でグリップ感/操作性は上質・本体質感は良い
  4. ずばりCPUのパワー不足
  5. 総合的に考えれば価格は安価と思う
前回PocketGOの方が好きだと書いたが、Q90も触ってるうちに愛着が湧いてきたw
サイズ感が丁度よい、ゲームするのもPocketGOだと画面が小さすぎて長時間ゲームするのが疲れるがQ90だと快適だ。なによりボタンの押し心地、クリック感が良い、ゲームプレイには最適だ。
せっかくアナログスティックや振動対応なのにCPUスペックが低いのが残念。振動機能は事実上PlayStationのゲーム用だが、振動対応したゲームは大概もっさりだ。。。
価格が安いのが良い点だが、国内Amazonだと少しコスパ悪いかも・・・
RETROMIMIやAliExpressの購入がおすすめ、到着遅いしコロナも怖いけどwww

ファームウェアについて

IMG_1878.jpg
プリインストールのファームウェアは、起動時にオリジナル画像表示と、メニュー画面はバックグラウンドはシンプルなブルー、素っ気ない感じ・・・ 製造メーカーのカスタマイズだと思うが僕は設定を弄っていたら壊れた?
だから正常起動しなくなったのでオリジナルファームのレビューができませんw ^^;
いずれにしてもホーム画面の見た目が微妙なのでオリジナルに戻すのは止めてCFWに入れ替えました・・・
Q90PocketGOの兄弟?機種なので PocketGOのCFWが導入できます。オリジナルファームウェアより安定性も機能性も高いと思うので入れ替えは必須です。ただし、導入後の起動ロゴは「PocketGO」になってしまうのでちょっと残念かもw
この手のハードはアプリやシステム設定を弄ると、システム壊したり、元に戻せないトラブルが起きます、CFWの導入は最低限必要なスキルです。
ちなみに本日時点の最新CFWは「CFW_V1.3.2_20191005」です。
半年ぐらい前から更新されてないみたい。
・導入手順は以下のページを参照ください。

PocketGOとの比較

IMG_1889.jpg
Q90PocketGOと性能はまったく同じだが、実際に触ったり、ゲームで遊んでみると、かなり差異を感じる。
見た目はPocketGOが超小型で、液晶は2.4インチと老眼の人には厳しい画面だと分かると思うがw 僕が注目したのはPocketGOはケースの部品点数が多く、デザインも考慮されて設計されたと感じる事。そして本体・液晶が小さいので複雑だったり繊細なゲームをそもそもしようと思わない。
小さくて可愛い・だけどしっかり作ってある。液晶がとても綺麗・・・ 性能もこれで十分だな。価格も安いし。。 となる。
Q90は小型ではあるけど、液晶3インチってしっかり視認できるサイズだし、振動やアナログスティックもある、ボタンの操作性もかなり良いからしっかりゲームしたいと思う。だけど性能が追いついてなくて残念。。。 と感じてしまう。
デザインはSwitchからの模写だし、微妙なチープさも中華端末マニアに好みだけどw
どちらがお勧めかと聞かれるとすごい困る、性能は同じだけどキャラクターが違うから。ただ、こういう商品を何度か購入した経験があるなら、大した出費にはならないので両方買っとけばと言いたいwww

おまけのサイズ感

写真が微妙だからどうしようかと思ったけど、おまけで載せときます。
上からPocketGOPOWKIDDY Q90RG350です。
IMG_1877.jpg
厚さはPocketGOが目視で2~3mmは薄いです、写真では伝わりづらいですが、PocketGOが圧倒的に小型、Q90RG350と厚さはほぼ同じで縦横を一回り小さくした感じ。
Q90のケースにGKD350Hの性能だったら、かなり良いと思うんだけどねぇ~



・RETROMIMI PocketGO

・エミュレータ 記事一覧はこちら

人気ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました