2020 Best Retro Handheld Device

Emulator
この記事は約5分で読めます。

ニトロです。

2020年も残すところあと2週間となりました。

NitRoBlogは今年、ライブドアブログからWordPressに6月に引っ越しをおこない、ただ自分が好きだから中華ハンドヘルドエミュレーター機の記事を量産してきました。

そしたら、なんか怪しいウェブサイトになってしまいました。ぎゃー

つーことで、今年発売されたレトロハンドヘルドデバイスの中から、2020年を代表する一台を勝手に決めたいという事で、ニトロ的『2020 Best Retro Handheld Device』を発表いたします。

あくまでも僕が考えるベストなので・・・ 異論・反論などはコメント欄・Forumなどにご自由にご投稿ください。

2020年にリリースされたデバイス一覧

2020年にリリースされたリストです、漏れがあるかもしれませんが・・・ つか、全部持ってるよっていう変態はいるのでしょうか?こんなの追っかけているとお金の無駄です!

デバイス名発売日ニトロから一言
1Cartboy2020 / 01詳細不明
2Odroid Go Advance2020 / 02買いたくてもほぼ売ってなかった
3Retroid Pocket2020 / 02問題児
4RG-350M2020 / 03高い!重い!カッコ良い!
5PowKiddy X22020 / 04Switch風のやつ
6Odroid Go Advance – Black Edition2020 / 05OGAの黒いやつ
7Q4002020 / 05ゴミ屑
8RK20202020 / 06問題児だけど憎めない
9Q900 / PS7002020 / 06やっぱりSwitch風
10PowKiddy V902020 / 06中身はポケゴー
11RG-280M2020 / 06ミニサイズでゴージャス
12RG-350P2020 / 07完成品
13PowKiddy RGB102020 / 07ある意味無難な子
14Retroid Pocket 22020 / 08消沈気味
15OneGx12020 / 08高杉くん
16Retro GP4302020 / 08レトパイ
17PiBoy DMG2020 / 08おっぱい
18Super PocketGo CM32020 / 08道楽モデル
19Z-Pocket Game Pro2020 / 08ハードの出来は良いんけど・・
20CoolBaby RS-63 / RS31282020 / 09なにこれ?
21GPD Win Max2020 / 09ミニパソコン
22RG-351P2020 / 09起死回生だぜ
23Q500 / PS50002020 / 10やっぱり偽Switch
24PowKiddy X202020 / 10偽Switchの完成形
25PowKiddy RGB202020 / 11中身はよいが変態造形
26RG-280V2020 / 11ミニデバイスの完成形
27Trimui2020 / 11わくわくする
28Pocket Go S302020 / 128bit Do にモニター付けてみた

ニトロ的・2020年の最悪デバイス

Q400

いやはや、これは酷かった。。。

性能がどうこう以前に、OSが未完成以前の問題、画面調整もできないし、音はぶつぶつノイズのってるし、最悪のデバイスでした。ただ、ハードの出来はそれほど悪くなかったのでCFWがリリースされればワンチャン復活する可能性もゼロではなかったけど。

開発メーカーがソースコードを開示しないのでオワコンでした。

ニトロ的・優秀デザインデバイス

Z-Pocket Game Pro

僕はプラ製を持っていないのでアルミモデルで評価しておりますが・・・

シェルの造形やスクリーン部品、縦型ショルダーボタンなど、デザインは他のデバイスと比べ非常に高いレベルではないかと思います。とはいえ、独自OSのアップデートも出てこないですし、操作性も良いとは言えないんですけどね。

コレクターの方でまだ持っていないなら買っておいても損はないんじゃないかな?と思いますよ。

ニトロ的・最悪デザインデバイス

RGB20

11月にリリースされた新製品ですが売れてるんですかね?笑

縦型機種が年末に数多くリリースされましたが、その中で異彩を放つデザインのRGB-20ですが、背面の指穴が変ってのもありますが、なぜFCカラーなのか? 色も中途半端に似せただけなので深みのある赤ではなくオレンジ色でした。

それでも、操作性やスクリーン、性能的にも良かったりするのでゲームプレイするには優秀だったりします。

ニトロ的・2020総合的な優秀デバイス

RG350M

今年の上半期にみんなが欲しかったRG350M

値段が高い、重たい、ネットで確認すると購入者はみんな同じ不満を言っていましたが、不満を言いながらもなんか楽しそうでしたよね、ROGUEが正式に対応以降は動作上の不具合もあまり聞きませんし、操作性も良いし、予備機まで購入する人がいたみたいです。

ちなみに、僕はこれ持ってないんですよね。笑 

ニトロ的・2020最優秀デバイス

RK2020

2020年のベスト・オブ・ベスト!は、やはりRK2020でしょ?

ちなみに、2019年のベストデバイスはRG350だと思うんですが、今年いちばんコミュニティーを盛り上げてくれた立役者であるRK2020で間違いないと思うんですよ。ハッキリ言ってRK2020の初期型はゴミ同然でしたけどね・・・

だけど、ポテンシャルが良いと思ったし、ゴミレベルを少しでも改善しようと、分解して、改造したり、色塗ったり?w 6月から半年間、いまだに弄って遊んでるんだから1万円の元は取れたさ。うんうんw

なにより、ブログの記事を書いて、自分で調べるのに限界を感じてForum作って、小さいけどコミュニティーが形成されたんだもの。RK2020以外にありえないでしょ。2020年のベストデバイス

最近はRG351Pが息を吹き返して(OSのおかげだけど)盛り上がってRK2020の話題が減って寂しい感じもしますが。RKを所有している方は久しぶりに電源入れて遊んでみたらどうですか?

シンプルなデザインと操作性の良さ、やっぱり良いですねRK2020は!

 

コメント

  1. 黄蛇 より:

    個人的にはRK2020とV90がツボでしたね。
    RK2020はいわずもがなですが、V90はかなり好きな形で気に入ってます。

  2. FBI より:

    Cartboyはpi0相当でps1がギリ遊べない位の性能です。
    対応エミュは多く動作も安定してますが、ボタンの作りこみの甘さがあります。
    この手のミニサイズ機が好きな人にはコレクションの一つとして良いですが、
    実用性を求める人には全くオススメしません。
    私は好きですけど

  3. シタン より:

    私も当てはめてみましたが、まんまニトロさんと一緒でした^^;

    ・2020年の最悪デバイス
     「Q400」一択でしょうか。
     出る前は話題でしたが、出たら即見捨てられ話題にも上らなくなった不遇な機種です。
     値段の割に CPU は良くてもメインメモリーをケチって動作に支障をきたす。
     解像度は高いがアスペクト比が全てワイド固定。(GBは横に伸びて酷い状態です)
     オプションではコントローラーのキーマッピング以外の設定が変えれないなど、
     メモリーを増やしてファームウェアを変えるだけで化けた可能性があるだけに もったいない機種でした。

    ・優秀デザインデバイス
     私も持ちやすさを考慮したデザインから「ZPG Pro」のデザイン性を高く推します。
     LRボタンの配置も指の動きを意識して配置していますし、外周の角を意識させない造りは秀逸です。
     LRの使い易さについては課題でしょうが、デザインだけを見るとキレイに纏まっていて他との違いを強調してますね。

    ・最悪デザインデバイス
     これはまぁ…出た瞬間「なんじゃこりゃ?」って思いの方が強かった「RGB20」ですね(苦笑)
     限られたスペースで合理性を追求した結果なんでしょうけど……せめて色合いだけでも何とかならなかったのかな…と、惜しい感じでいっぱいです。
     (黒系の色にしてファミコン風の金色プレートをやめれば、オモチャっぽさも少しは抑えられたかもしれません)

    ・2020総合的な優秀デバイス
     文句なく「RG350M」かな。
     前世代ですがデザイン、操作性、安定性、共に優れていました。
     カスタムファームウェアが対応してくれたのも大きかったです。
     ポリゴンを求めない、レトロゲー ポータブルエミュ機の決定版じゃないですかね?
     「RG350P」も良いのですが、なぜ RG350M と同じ 640×480 にしてくれなかったのかと解像度に触れられることが多いです。

    ・2020最優秀デバイス
     これは今世代の先駆けでもあり話題もさらった「RK2020」で決まりですね。
     本来なら今世代最初は「ODROID-GO Advance」なのですが、販売が1か所で宣伝も無かったので知らない人が多かった。
     その中で、コピー品やOS盗用と言われながらも世に広めたのが RK2020 でした。
     コレの成功で ODROID-GO Advance の知名度が上がって売れるようになったんですから皮肉な感じです。
    当初は問題も多かったが作りが単純なため、マニアのカスタム魂に火が付いたのも人気の原因でしたね。
     私は今でも比較検証用として立ち上げているぐらいです。
     (ArkOS が出たら検証などで更に使う機会が増えるかも……)

    ・非常に惜しさを感じたデバイス
     「TRIM-UI」が惜しいと感じました。
     自分が初期不良に当たってしまったため印象が悪いのもありますが、ファームウェアをアップデートしないとボタン配置がおかしかったり、ボディカラーが商品説明と違っていたりと不備が目立つのが惜しかったです。
     (私はファームウェアがアップデートできない不具合に当たりましたが、不具合が無く書き換え可能な個体でしたらボタン配置等は直るようなので、最初からファームウェア更新後の状態で出して欲しかったですね)
     そんな状態でなければ、あの小さな筐体に必要最低限をすべて詰め込んで、操作性も小ささの割に悪くない機種だっただけに、初動の販売の雑さが悔やまれます。

タイトルとURLをコピーしました