Retro Game Device Q400 を入手したけど・・・ う~んって感じw

Emulator
この記事は約3分で読めます。

まいどニトロです。

気になる新機種って事で、以前記事にしたレトロゲームデバイスQ400、amazonで販売が開始されていたので入手してみました。

で、現時点の僕の感想を言いますと。。。 
コレジャ(ヾノ・∀・`)ナイナイw

とりあえずこの記事は、パッケージ内容と外観などを軽くチェック編です。

パッケージと中身はどんなんやろな?

シンプルイズベスト!
マジックで雑にマークです!

黒に白地のイラストと、中身はBlueかYellowかをチェックする印刷しかされていないシンプルな外箱です。RK2020と外箱だけを比べればQ400の箱の方が好感は持てますが、悪く言えば手抜きとも言えますw

Micro USBかよ・・・
スペックは良いんだよねぇ・・

箱の中はQ400本体と充電用のMicro USBケーブルにマニュアルの3点のみ、とてもシンプルな構成で、レトロゲームデバイスでおなじみのMicroSDカードリーダーは入っていません。

ちょっと脱線しますが、中華エミュ機に添付されてるMicroSDカードリーダーは使わない方がいいですよ、ウィルスが入ってるなんて話もあるし、そもそも壊れやすいんですよ。書き込み中とかに壊れてデーターを失う事もありますから。

なんかでかくねーか?なサイズ感

横幅がでかい!

高さはコンパクト!

おなじみのRG350と並べてみるとこんな感じで、Q400は横幅が2cmぐらい大きく、高さはRG350の方が少しあります。ただQ400を実際に手に持ってみると大きさに違和感はなく、むしろ持ちやすい。

厚みはどちらも同じで重量を図るとQ400は181gでRG350よりも15gぐらい重い、しかし持って感じるほどの違いはない。質感は写真の通りでプラスチッキー

バックパネルは凝ったデザイン
特徴的な4USBポート

外装はプラスチックとは言っても、フロント・バックどちらもしっかりデザインされている、特にバックパネルは良いと思うんだが、スピーカーの位置がグリップした手で干渉しちゃうよねw 

デザインはSwitch Light の模写なんだとは思いますが、それがゆえに余計にチープに感じてしまう、なんとなく野暮ったいって感じすかね。

ちょっくら弄ってみます。

開封して少し電源も入れてみましたが、まだしっかりとチェックできていません。次回以降で詳しいレビュー記事を書こうと思っています。ただ仕事が忙しくなりそうなので週末ぐらいですかね。

ちなみにインストールされているファームウェアのUIはゴミ級でしたw

Q400に対する僕の評価は、中華レトロゲームデバイスという変なジャンルの中の、群を抜いて変な製品ですよ、素人にはおすすめできません。

でわw

ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました