Apple スペシャルイベントで発表されたガジェットをチェックしてみよー!

APPLE
この記事は約5分で読めます。

昨日のAppleスペシャルイベントで発表された製品のポイントをまとめ、ついでにケチをつけてみようのコーナー! いぇい、いぇい、いぇ~い 

現地時間9月15日(日本時間16日)のAppleスペシャルイベントがオンラインで開催されましたが、新型iPhoneやAirPods Studio、AirTagsはいずれも発表されませんでしたので、僕が先週買ったばかりのiPhone11は旧型にならずに済んでホッとしています。

どうも、ニトロです。

どうせ来月にはiPhone11は旧型になると思いますが・・・ 11は意外と気に入ってますけど。笑

Apple Watch Series 6

ポイント
  • 血中酸素濃度測定が可能になる新たなセンサー
  • 常時表示ディスプレイ
  • 急速充電対応、90分未満でフル充電可能
  • USB電源アダプタは同梱されない
  • 価格 42,800円~(税別)
  • 9月18日(金)より出荷

カラーはゴールド、シルバー、ブルー、スペースグレイ、(PRODUCT)RED、グラファイト、スペースブラック(チタン・ステンレスケースのみ)とカラフルなラインアップになりました。ケースは44mm、40mmから選べます。

Apple Watchの新型、新機能は血中酸素濃度測定機能で健康器具まっしぐらなガジェットであります。価格はリーズナブルになった感じですが電源アダプターが付属しないのでご注意を。

どうしても欲しいと思うほど心は動かないですが、ギャンブルであぶく銭を手にしたなら選択肢としては有りな感じですかね。。。

あると便利なので、まだ持っていないなら良いかもしれませんねぇ・・・

Apple Watch SE

ポイント
  • Series6と同じ加速度センサー、ジャイロスコープ、コンパス、高度計などを搭載
  • 転倒検出機能や緊急SOS機能にも対応
  • 血中酸素濃度アプリには未対応
  • 価格 29,800円~(税別)
  • 9月18日(金)より出荷

カラーはシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色で、ケースは44mm、40mmから選べます。

廉価版のApple Watch、いつから廉価版は「SE」となったんだ? 機能的には十分な性能で価格もかなり安価ですがディスプレイは常時点灯しません、そこに妥協ができるなら良い選択ですね。

世の中に出回るスマートウォッチを候補にしてしまうと割高な印象にはなりますが・・・ iPhoneユーザーでスマートウォッチが欲しいなら妥協でもApple Watch SEを買うほうが幸せになれそうですかね。

iPad(第8世代)

ポイント
  • 10.2インチ(ホームボタン有りデザイン)
  • A12 Bionicチップ搭載で処理速度、グラフィック性能アップ
  • Smart Keyboard、Apple Pencilに対応
  • ストレージは32GB、128GB
  • 価格 34,800円~(税別)
  • 9月18日(金)より出荷

もう、製品名はiPad SEで良いんじゃないだろうか?と思いますけど、本家iPadの称号を持つ廉価版であります。

廉価の証であるホームボタンがスクリーン下に鎮座しておりますが、自宅でインターネットしたり、You Tube観たり比較的軽めの使い方なら十分すぎる性能と綺麗な液晶を持っております。

もちろん、Apple Pencilを使ったクリエイティブな作業もできますし、Smart Keyboardを使えばブログなどの執筆ぐらいは全然OKですから、悪くはないと思います。

ただアクセサリーを買い揃えると意外と良いお値段になりますけどね。。。

iPad Air 4

ポイント
  • 10.9インチ (iPad Proと同一デザイン)
  • A14 Bionicチップを搭載で処理速度、グラフィック性能アップ
  • Touch IDが本体上部の電源ボタンに搭載
  • USB Type-C端子
  • iPad Pro向けApple PencilやMagic Keyboardに対応
  • ストレージは64GBと256GB
  • 価格 62,800円~(税別)
  • 10月発売予定

カラーはシルバー、スペースグレイ、ローズゴールド、グリーン、スカイブルーの5色展開

今回のスペシャルイベントの目玉は間違いなくこれ、iPad Air 4であります。デザインはiPad Proなので見た目で廉価版と判断される可能性は低いですから、スタバで堂々とドヤれますよ。

もちろん性能もProに引けを取りませんし、iPad Pro用のApple PencilやMagic Keyboardなどが利用できます。実際問題MacBook Proと変わらない高額なiPad Proを買うよりも、iPad Air 4の方がコストパフォマンスが圧倒的に優れていますね。

僕は現在ホームボタン有りのiPad Pro10.2インチを使用していますが、間違いなく買い替え候補となります。

まとめ

その他にも、Appleが提供する各種サービスをまとめてお得に利用できる新プラン「Apple One」 フィットネスサービス「Apple Fitness+」などの発表もありましたが興味ないですね。笑

新型ハードの印象としては・・・ とにかく無難! 性能良くなったよ。 少し安くしたよ。 的な? ジョブスが亡くなって以降のとにかく保守的傾向が強いAppleらしい新ハードの発表でありました。

とはいえ、僕はApple・・iCloudに囲い込まれていますし、使用中のiPad Proも2年経過したので買い替えたい衝動があるのは事実。。。

そんなわけで今回の新ハードでは「iPad Air 4」をイチオシとさせていただきます。

そう言えば、HUAWEIも米国の嫌がらせでスマホ撤退するみたいだし、超安価なタブレットって市場から無くなるかもしれませんねぇ・・・

次回(Apple記事)はiPhone12の発表?

それではまた。笑

source : Apple

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました