【Update】GMenuNX for TRIMUI/PowKiddyA66 210829

Emulator
この記事は約4分で読めます。

ニトロです。

『eggs』さんが作成・更新している『GMenuNX for TRIMUI/PowKiddyA66』最新ビルド・Ver 210829がリリースされていましたのでニュース掲載です。

いよいよ、夏も終わりますねぇ・・・ 

GMenuNX for TRIMUI/PowKiddyA66 210829

添付されていたテキストをそのまま掲載させていただきました。

アップデート内容
21.08.22
  • picoarch と各種エミュレータを libretro セクションに追加 (Thanks @neonloop)
  • ImBoy スキンを更新
導入方法
  • TrimuiUpdate_GMenuNX.zip をSDのお好みのところに配置してください
  • /Apps /lib /Roms フォルダをSDにコピーしてください
  • TRIMUIのFILEメニューから TrimuiUpdate_GMenuNX.zip を実行してください
  • TrimuiUpdate_GMenuNX.zip の代わりに TrimuiUpdate_GMenuNX_MinUImenu.zip を使うと、MinUI対応のエミュレータのメニューがMinUIのものに変わります
  • GMenuのまま電源を切ると、次電源を入れてもGMenuのままです
  • MENU → LボタンでTRIMUIのMainUIに戻ります
  • 音量、明るさはSELECT/START+LRで元のTRIMUI内の設定が、SELECT+MENU/STARTでGMenu内の設定が変更されます
    前者で変更した場合、GMenu内の表示は若干遅れて追随、反映されます
  • STARTボタン長押し(2秒以上)でいつでもサスペンドできます(復帰もSTARTボタン)
    >サスペンド中に SELECT を押すとスクリーンショットがSDカードルートに保存されます
  • jpgファイルは壁紙やアイコンとして使用できません。pngファイルを使用してください
  • 専用ビルドのpcsxでHLE以外のBIOSを使いたい場合は、/Apps/pcsx/bios の中にbiosファイルを入れてください
    そのフォルダ内の copy_bios_from_stock.sh を Explorer から実行すると、TRIMUI内蔵のファイルをそこにコピーします
  • USBヘッドホン(イヤホン)を使用する場合は、SDL Patchを適用するか、抜き差しをGMenu表示中に行ってください
  • 起動中の抜き差しに標準で対応しているのは、純正のエミュレータ及び oswan だけです
  • 確認は主にAPPLE製 MU7E2FE/A で行っています
  • Settingsメニューから SDL Patch を適用すると、全てのエミュレータでティアリングを解消し、USBヘッドホンの抜き差しに対応します
    パフォーマンスや安定性に影響が出る可能性があるため、デフォルトではOFFになっています

ダウンロード

公式ファームウェア

『アップデータ』と工場出荷時の状態に戻す『ファクトリーリカバリー』の2種類が存在

Powkiddy A66 に ModelS のファームウェア適応は可能です、ただしA88オリジナルスキンには戻せなくなりますのでご注意ください。

導入方法は以下の記事をご参照ください。

NitroBlogフォーラム

質問や疑問、雑談など・・ フォーラムをご活用ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました