RG350「ROGUE」CFW 1.7.9.9R がリリースされました

Emulator
この記事は約2分で読めます。

RG350「ROGUE Edition」CFW  Ver1.7.9.9 R

New PocketGO 2 ROGUE CFW Ver1.0.7 アップデートの内容をRG350に適用したバージョンで、音量調整、GPUの最適化、日本語対応などが含まれます。

リビジョン扱いですが、日本人ならアップデート推奨ですね。

更新内容

基本的にはPG2のアップデートと同じ内容です。

注意事項
アップデート実行後にフォントが表示されなくなります(ならない場合もある)、必ずアップデータの導入後に /media/data/.linker を削除してREBOOTしてください、これで正常に更新が完了します。

また、カスタムスキンなどは予めバックアップして再配置するか、再インストールが必要になります。

-Gmenu2-
  1. GMENU2xの選択言語で内部の言語が表示されます。
  2. 韓国語、日本語、中国語を追加。
  3. いくつかの欠けていたテキストを修正。
  4. 最適化されたテーマで、システムアイコンも上書きされるようになりました。
  5. 多言語フォントをより見やすいフォントに変更しました。
-Sound-
  1. ヘッドフォン音量設定の保存機能(だと思う)
  2. SOUND MIXERからマスターボリューム調整が可能になった。
-System-
  1. 一部のAPPのROGUEの問題を修正、32Bppから16Bppに変更しました。
  2. GPUのクロックを最適化。(チップで推奨される最大値 以前は360Mhz、今回は500Mhz)
  3. USBコアを最適化し、コンソールがコンピューターから切断されたときにランダムに再起動しなくなりました。


アップデートの方法

CFW1.7.9.9Rのページでアップデータをダウンロードします。
導入手順は過去記事を参照してください。

■ RG350-ROGUE-CFW
■ ROGUE CFWの導入方法
■ RG350 その他 記事


■ エミュレータゲーム機の海外販売サイト「RetroMiMi」


■ Amazon

Whatsko RG350M アップグレード版ポータブルゲーム機 Retro Game Linux OpenDinguxシステム 振動モーター 3.5インチIPSスクリーンを アルミニウム合金ケース 14000in1 48GB (シルバーグレー)
Whatsko RG350M アップグレード版ポータブルゲーム機 Retro Game Linux OpenDinguxシステム 振動モーター 3.5インチIPSスクリーンを アルミニウム合金ケース 14000in1 48GB (シルバーグレー)
ANBERNIC


人気ブログランキングへ

コメント

  1. sushi より:

    言語設定が増えていませんでした。
    may 10 2020となっているので、アップデートはされてると思うのですが…
    リブート、シャットダウンも試しました
    日本語化されてますか?

  2. NitRo より:

    >>1
    日本語メニュー出ましたよ! 
    /media/data/.linker ← このファイルを削除して再起動してください、これやらないと反映されないはずです。

  3. sushi より:

    >>2
    /media/data/.linker ← 削除したつもりが、きちんと削除されてなかったようです。無事できました。ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました