PowkiddyとRK Consoleのおまけポーチを比較してみたぞ

Emulator
この記事は約4分で読めます。

ニトロです。

中華エミュレータはアップデートなどの気になるニュースもなくネタ不足であります。よく調べてないだけかもしれませんが。。

エミュ巷では「Retroid Pocket 2」の人気があるみたい、性能的に微妙との前評判でしたが、結構エミュレーションもちゃんと動いていて良いらしいですね・・・ なによりハードの出来が良くて単純にガジェットとして興味があります。

amazonなどでは現時点で売っていませんので、公式サイトで注文しないと手に入らないと思いますが、購入するか少し悩んでます。。 すぐに注文した方もまだ到着してないようですけどね。

さて、先月ですが、RK2020のケースのペイントカスタムしてInstagramでハッシュタグ「RK2020」を付けて投稿したところ、RK Consoleさんに投稿を見つけてもらってシェアしていただきました。

なんか気に入って貰えたみたいで、ギフトでポーチを送るよってメッセージを頂き、ありがたく頂戴しました。

で、ホントどうでも良い話なんですけど、Powkiddy RGB10を購入したらおまけでポーチがついてまして、RKのポーチとPowkiddyのポーチ両方ありますので、双方の違いなどをレビューいたします。笑

Powkiddy おまけポーチ

Powkiddyポーチですが、ナイロン素材でカラーは黒一色、上面の中心にゴム製のPowkiddyバッジが縫い付けられています。内部は上面にメッシュポケットと本体収納部にはゴムバンドのみのシンプルな物です。

質的に素晴らしいわけでもないですが、悪くもない、見た目も普通のポーチであります。

RK Console ギフトポーチ

RK Consoleさんからプレゼントで貰ったポーチは、サイズ感、材質などPowkiddyとほぼ一緒、見た目で異なる点はファスナー部がRKは赤色になっていておしゃれ感があり、上面に白文字で「Retro Game」のプリントがある事です。このプリント文字は経年や、おそらく爪でゴリゴリすると剥がてしまうであろう感じで、質は悪いです。w

内部はPowkiddyポーチと全く同じで、メッシュポケットにゴムバンドのシンプルな物となっております。

微妙な差異

ポーチ自体はまったく同じ物ではないかと思っておりましたが、微妙に違いがありまして。何かと言うとPowkiddyポーチにはファスナーの取っ手が両側にあるんですけど、RKのポーチは片側にしかありません。

実用上さほど不便ではありませんが、ゲーム機本体を収納してファスナーを締める際の使い勝手はPowkiddyのおまけポーチの方が使いやすい物であると言えます。

それに大した差ではないんですけど、Powkiddyの方がゴムバッジロゴですし、質感としてはPowkiddyの方が良い物ではあると思います。

実用性は?

サイズ感や内部の構造はどちらも同じなので、実用性の差はファスナー以外に優劣などありませんが・・・ 肝心のRK2020やRGB10を収納したらどうなのかって事で確認すると・・・

どちらのデバイスもポーチに収めるとガバガバでサイズが合っていませんね。笑

だけど、RG350Pにはピッタリだったりします。

まぁ、保護ケースとしては硬さもあるのでガバガバでもまったく問題ないので、RKやRGB10で使用しても問題はないと思いますが・・・ こういうのって、ピッタリハマると気持ちが良いのでRG350系のデバイス収納に使うのがお薦めですw

まとめ

貰った物に文句を言ってるだけの失礼な奴みたいになってますけどwww

一応、結論としてはどちらかと言うとPowkiddyのポーチの方が上質な感じはありますけど、基本的には同じですw 使い勝手はどちらも問題ないですし、ショップによってはポーチ付きで購入できる場合もあるので持ち歩き用の保護ケースが欲しいならば良いのではと思います。

サイズ的にRG350系にピッタリなので、RG350ユーザーの方は保管・保護用にベストではないかと思います。

まぁ、おまけで付属しているとちょっと嬉しいですし、整理や旅行ポーチにも使えますから割と重宝するギフトではないかと思いますし。個人的には気に入ってますw

それでは😁

Powkiddyのポーチはおそらく以下のだと思うが、そもそもRG350用かな?

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました