RG351Vとは? 少しだけ話題になってる、解像度640x480のRK3326デバイスらしいが・・・

Emulator
この記事は約2分で読めます。

ニトロです。

RG351Vという縦型デバイスのリリースが予定されているみたいです。デザインはGAMEBOYのような感じですが、おそらく原型となっているのはRG300なのかな?

RG300は僕が中華ハンドヘルドエミュレータにハマった頃に購入しまして、意外と操作性も良くて、今もお気に入りの一台ではありますです。

RG351Vの正式発売は3月だそうです。

LDKgame Twitterから

写真の通り、目を引くのはシェル全体が木製のようなカラーで、おそらく樹脂だとは思いますけどね、ショルダーボタンは背面にあって、L1/L2・R1/R2の4ボタンのようです。

シェルはRG300にそっくりですが、アナログスティックがある事と、電源やSDカードスロットなどの配置なども異なっていますし、よく見ると縦にサイズも長い感じですね。

RG351V仕様(推測含む)

CPU:RK3326
スクリーン:3.5インチ IPS(4:3)
解像度:640×480 ← ホントか?
スロット:デュアルTFカード(内蔵・外部)
Wi-Fi:内蔵してるっぽい
バッテリー:3900mAh

ネットで拾った仕様なので信憑性は低いですが・・・ RK3326デバイスのようではありますが、SDカードはデュアルスロットで、スクリーンは4:3、解像度は640×480らしいです。

仕様がだいぶ異なるので、EmuELECなど従来のOSは使えないんじゃないかな? だとしたらオリジナルのファームウェアかもしれませんねぇ。

やはり注目点はスクリーンが4:3であり、解像度が640×480という事なので、ゲーム画面の表示品質は良いことが予想できます。

もうRK3326はお腹いっぱい・・・ だけど気になるのは確かであります。 詳細が判明したら追加記事を作成いたします。

それではw

amazonでRG300探したら売ってたw 間違えて買わないようにwww

コメント

タイトルとURLをコピーしました