GPD Win 4 のリーク画像やスペックを確認して妄想を語ってみる

Gadget
この記事は約3分で読めます。

GPD Win4 のリーク画像が流出して話題となっています、そして、リーク画像を見て、ぼく、物欲が久しぶりに刺激されてしまいまいた・・・ 

ニトロです。

GPD Win 4 と思われる画像で語る

PSP・PS Vita にインスパイヤされた見た目

ネット上で、誰もが似た反応・感想を持ったと思うんだけど・・・ PSPですかね?これw

ボタンやスティックの配置などはもちろん違いますが、シェルデザインはPSPやVitaのデザインに似てますね・・ ストラップ穴の位置や形状も同じ、側面なども、たまたまデザインが似たわけではなくて、完全にデザインを模写していますよねぇ。

しかし、PSPが好きな僕の心はときめいてしまいました。。。わら

物理キーボードとタッチパッドを搭載

GPD から公式なリリースはありませんが、リークされた画像は GPD Win 4 でほぼ間違いないようです、画像の通り GPD Win 3 と同様にスクリーンを上下にスライドすることでキーボード操作が可能なギミックですが、このキーボード GPD Win 4 は物理キーです。

また、十字キー下部に指紋センサー、右側下部には極小のタッチパッドを搭載しているので、マウス操作が必要な場合にも使い勝手が良さそうです。

背面のデザインはPSPとはかなり異なっていますが、流線型の形状は見た目が良いですし、ホールド性も良さそう? ただ本体は分厚い感じですね。

判明しているスペック

正しいかどうかは不明だが、ネットで見つけたスペックは以下の通り

  • SoC:AMD Ryzen 7 6800U
  • GPU:AMD Radeon 680M
  • Screen:IPS 6.0 inch(タッチスクリーン)
  • Resolution:1280 x 720

チップセットはリリースを予定する多くの UMPC ハイエンド機種で採用されている AMD Ryzen 7 6800U を搭載、性能に妥協はしていないみたいです。

注目すべきは解像度 1280 x 720 と抑えられていることで、キーボード搭載の特徴で競合しそうな『Aya Neo Slide』は 1920 x 1200 とWUXGA表示に対応している・・・ 

しかし、6インチのスクリーンで表示する場合、僕の衰えた目には違いなど分からないと思うw 外部モニター出力した場合にはちょっと不利かな?って感じだけど、デバイス単体で使うならあまり気にしなくても良いし、むしろ表示スピードやバッテリーライフには有利かもね。

価格は・・・ 999ドルと予想、本日のレートで日本円換算すると 13万6千円 正規代理店価格は 16万円 ぐらいかね? こりゃ厳しいなw

ちょっと欲しいかも・・

実は先日『Aya Neo Air』を購入しようと思い、決済画面まで進めたんだけど・・・ エラーが出ちゃってね・・ これは、神のお告げなのではないか??? と思い購入を中止したんだwww

Aya Neo Air』は、UMPC カテゴリーの中でかなり小型だし、デザインも良くて、個人的にかなり物欲が刺激されたんだけど、バッテリーライフがゲーム時に90分ぐらい?しかもたないってのが引っかかる点ではあった。

あと、WIN600 を弄っていると、やっぱりキーボードが無いと不便だなって感じていたので、『Aya Neo Slide』を待った方が良いかもと思っていたんだよね。

そんなタイミングで『GPD Win 4』見ちゃうとね・・・ つか、どうせなら『GPD WIN Max2』の方が良いかも??? などと思ったりしないでもない。。。

とにかく10万円以上するガジェットは、なかなか決心できないんですよ。。。

SOURCE & Photo:Cary Golomb Twitter

コメント

タイトルとURLをコピーしました